2018年05月21日

テイエムオペラオーが死亡 和田竜二騎手を背に“グランドスラム”達成など当時の世界賞金王

8707F987-F0EB-4D44-9D8F-D436A6BBC579.jpg

 
和田竜二騎手とのコンビで2000年にGI・5つを含む8連勝を記録するなど、競走生活通算で国内最多記録となる芝GI・7勝を挙げたテイエムオペラオーが17日、繋養先の白馬牧場で心臓まひのため死亡した。22歳。

 
1997年の北海道10月市場で1050万円で落札された同馬は1998年の8月、栗東・岩元市三厩舎からデビュー。追加登録料を支払い当時21歳の和田騎手を背に1999年の皐月賞でGI初制覇。アドマイヤベガナリタトップロードらとのライバル関係の中、日本ダービーで3着、菊花賞で2着とクラシックで好走を続けた。

 
年末の有馬記念グラスワンダースペシャルウィークに続く3着となった翌年、快進撃が始まった。始動戦の京都記念(GII)から阪神大賞典(GII)、天皇賞・春(GI)、宝塚記念(GI)、京都大賞典(GII)、天皇賞・秋(GI)、ジャパンC(GI)、有馬記念(GI)と8連勝を記録。 



そのすべてが1番人気だった。この5つのGIをすべて勝利する通称「グランドスラム」を達成した馬はテイエムオペラオー以外には存在しない。

 
2001年初戦の大阪杯で連勝は途切れたものの、この年も天皇賞・春を制覇。シンボリルドルフと並ぶ芝GI・7勝を達成した。また、テイエムオペラオーが勝利したGIのうち5回でメイショウドトウが2着となったことも話題となった。

  
通算成績は26戦14勝。生涯獲得賞金18億3518万9000円は当時の世界最高額。JRA顕彰馬選出(2004年)、JRA賞年度代表馬(2000年)、JRA賞最優秀4歳以上牡馬(2000年)、JRA賞最優秀3歳牡馬(1999年)。出走したすべてのレースで和田竜二騎手が騎乗した。

  
種牡馬入り後は障害重賞3勝のテイエムトッパズレ、2008年の東京ハイジャンプ(JG2)を制したテイエムエースと、2頭の障害重賞勝ち馬の父となった。20日は東京12Rにテイエムコンドル、新潟11Rにテイエムヒッタマゲが出走する。

posted by 競馬王 at 01:02 | 東京 ☀ | Comment(0) | 競馬関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月20日

【オークス】サトノワルキューレ雰囲気変わらない 前走の疲れもなし

D712CFE4-F909-42F9-A3C2-035C7A45B3F4.jpg


 「オークス・G1」(20日、東京)

 
フローラSの覇者サトノワルキューレは19日、僚馬2頭とともに15時過ぎに東京競馬場へ到着。

 
木村厩務員は「雰囲気は変わらない。東京は2回目だから」と胸をなで下ろす。木曜発表の馬体重は前走比8キロ増の454キロ。「デビューから馬体は減っていたけど(中間の)カイバ食いはいい。前走の疲れも回復している」と自信を持って送り出す。


posted by 競馬王 at 09:42 | 東京 ☀ | Comment(0) | 競馬関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月19日

武豊マウレア 桜5着から巻き返す/トレセン発秘話

8450F250-9EE1-4AC7-8EAA-8A138FBBF456.jpg

 
競馬界のレジェンド・武豊(49)に言われたひと言でハッとした。果たして自分の仕事を「大好き」と言い切れる人は、どれくらい存在するのだろうか?

「よく“休みの日は仕事を忘れてリフレッシュ”って言うでしょ。ボクにはその感覚がまったくない。休日も常に仕事のことを考えていたいし、そもそも休みっていらんもん(笑い)」

 
そう話している間もムチを手にする。「ターフの魔術師」といわれたジョッキーを父に持ち、生まれたときから馬と接してきた。他の人が「努力」と思うことを「好きだから」やる。そんな姿勢を貫く武豊は「野球界の天才」と重ね合わせてこう語る。


「尊敬するアスリートですし、いつも刺激を受けていますよ。彼はとにかく野球が大好き。野球選手でいることが大好きなんでしょ。ボクも競馬が大好きだし、ジョッキーでいることが大好き。ああやって自分の職業を誇れる姿は見ていて気持ちいいし、カッコいいと思う。本当に勇気づけられますよ。もっとボクも頑張らなアカンなって」

 
言うまでもないが、マリナーズの会長付特別補佐に就任した野球界の伝説・イチロー(44)のことだ。2人の天才は驚くほど仕事への向き合い方が似ている。目の前のやるべき課題を一つずつ丁寧に積み重ね、誰もマネできない大記録を次々と打ち立ててきた。

 
1990年代に知り合い、今でもオフシーズンは食事に行く仲。「オフはチームが決まっていない状況だったので、さすがに連絡できなかった」という武豊は、やはりイチローの去就が気になっていたようで、「ニュースを見たときはビックリしました」と漏らす。

「最低50歳まで現役」というイチローに対し、武豊も「辞めた後の自分がまったくイメージできないし、次の仕事も考えていない」という。

 
そればかりか、今回のサプライズ人事で“自然引退”もささやかれるイチローについて「今年は枠から外れてしまったけど、心の中では“来年はスタメン”って絶対に狙っていますよ。 



辞めた気なんてまったくないと思う。ボクには分かります」と、まるで自身の未来をオーバーラップさせるように言い切った。

 
偉大なる2人には常に「前人未到」「最多」「史上初」といった冠がつく。イチローは前人未到の日米通算4367安打、武豊も2016年に海外・地方合わせて4000勝を達成した。もちろん、今週のオークスにしても、勝てば「現役単独最多」となる4勝目だ(93年ベガ、95年ダンスパートナー、96年エアグルーヴで制覇)。

 
騎乗馬は桜花賞5着のマウレアアーモンドアイラッキーライラックサトノワルキューレという「3強」の壁は分厚く、手ごわい。しかし、これまでも不可能といわれた状況で、我々の想像を超越してきた。くしくも前回、マウレアに騎乗した際は中央競馬「史上初」の2万1000回騎乗というメモリアル。何かやってくれそうなムードが…。


オークスはやってみないと、どんなレースになるのか分からない。すべての流れがこの馬に向けば」

そう言ってさっそうと調教へと向かった背中を見て思った。彼のイチローへの言葉をそのまま当てはめれば、“本音”が分かると…。

オークスは強豪相手だけど、心の中では“1着”って絶対に狙っている。負ける気なんてまったくないと思う。記者には分かります。


posted by 競馬王 at 01:12 | 東京 ☀ | Comment(0) | 競馬関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月16日

【平安S】テイエムジンソク、反撃態勢整った 木原師「気合乗ってる」

D5FDEBF4-6241-4DC8-BB3F-17398594A3BB.jpg

 「平安S・G3」(19日、京都)

 
17年のチャンピオンズC2着馬テイエムジンソクが戦列に復帰。目標はまだ先だが、始動戦から好勝負できる態勢は整っている。強敵グレイトパールを撃破して、帝王賞(6月27日・大井)へ弾みをつける構えだ。

 
心身ともにリフレッシュされ、先週の栗東CWでは6F79秒5の猛烈タイムをマーク。「先週しっかりやっているし順調。



今週はやり過ぎに注意すればいい。十分に気合も乗っているから」と木原師が言えば、主戦の古川も「ここが本番ではないからあえてスイッチを入れる必要もないけど、順調に来ているよ」と口をそろえて仕上がりに太鼓判を押す。

 
コーナー2つの競馬に戸惑ったフェブラリーSで12着大敗。1番人気はグレイトパールに譲ることになりそうだ。ただ、古川には一切、気後れはない。「(グレイトパールには)一度負けているし、強いとは思う。


ただ、これだけの馬だから、勝ち負けしてくれると思っているよ」。相手がどの馬であれ、古川のジンソクに対する信頼が揺らぐことはない。堂々と正攻法の競馬でVをもぎ取る。

posted by 競馬王 at 09:37 | 東京 ☀ | Comment(0) | 競馬関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月13日

アエロリットが3.8倍で1番人気/ヴィクトリアマイル前日オッズ

1C88443F-753C-4267-9D58-1C4871F847DE.jpg


13日に東京競馬場で行われる、第13回ヴィクトリアマイル(4歳上・牝・GI・芝1600m・1着賞金1億500万円)の前日オッズがJRAより発表された。

単勝オッズ1番人気には、昨年のNHKマイルC覇者アエロリット(牝4、美浦・菊沢隆徳厩舎、3.8倍)が支持された。

続いての2番人気は阪神牝馬S3着からの戴冠を狙うリスグラシュー(牝4、栗東・矢作芳人厩舎、4.4倍)、3番人気は昨年の覇者アドマイヤリード(牝5、栗東・須貝尚介厩舎、6.7倍)となった。

以下、重賞3連勝中のミスパンテール(牝4、栗東・昆貢厩舎、8.2倍)、昨年のオークスソウルスターリング(牝4、美浦・藤沢和雄厩舎、9.7倍)、高松宮記念2着のレッツゴードンキ(牝6、栗東・梅田智之厩舎、10.7倍)と続いている。各馬の単勝オッズは以下の通り。

左から馬番、馬名、オッズ

10 アエロリット 3.8
16 リスグラシュー 4.4
11 アドマイヤリード 6.7
02 ミスパンテール 8.2
09 ソウルスターリング 9.7
01 レッツゴードンキ 10.7
06 レッドアヴァンセ 15.5
04 ジュールポレール 23.5
05 レーヌミノル 30.2
17 デンコウアンジュ 30.7
03 ラビットラン 33.0
15 デアレガーロ 34.6
07 カワキタエンカ 48.7
13 ワントゥワン 49.9
18 メイズオブオナー 107.3
12 エテルナミノル 148.7
14 リエノテソーロ 159.4
08 クインズミラーグロ 213.3

その他、馬連は10-16が9.3倍、馬単は10-16が17.3倍、3連複は02-10-16が16.2倍、3連単は16-10-02が66.4倍でそれぞれ1番人気となっている。

※出馬表・成績・オッズ等は主催者発表のものと照合してください。




posted by 競馬王 at 01:51 | 東京 ☀ | Comment(0) | 競馬関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月11日

【日本ダービー】ダノンプレミアム 2歳王者の貫禄 前走後初の併せ馬ラスト11秒6

831D948A-3104-48DE-B059-BBA35E0598F5.jpg

日本ダービー・G1」(27日、東京)

4戦無敗の2歳王者が持ち味のスピードを存分に見せつけた。昨年度の最優秀2歳牡馬ダノンプレミアムは10日、栗東CWで余力十分に併入。皐月賞を右前挫石で回避したが、その後の調整は順調そのものだ。本番に向け、万全の態勢を整えていく。

躍動感は十分だ。昨年度の最優秀2歳牡馬で、皐月賞を右前挫石で回避した4戦無敗のダノンプレミアムは、前走後初の併せ馬を敢行。栗東CWでゼンノサーベイヤー(5歳1600万下)を大きく追走し、直線は内へ。一杯に追われる僚馬に対して馬なりのままで馬体を並べ、最後は抜け出しかけたものの手綱を押さえて併入に。6F84秒1-39秒2-11秒6を計時した。

騎乗した猿橋助手は「4コーナーまで気持ち良くちょうどいいくらいに乗って、並ぶようにという指示。動き出したら反応もスピードも速かった。相手も動く馬だけど、取りつくところが速い。順調に来ています」と納得の表情でうなずく。挫石発覚後、コースで長めから追われるのも初めてだったが、「特に違和感はなかったです。波のある馬じゃないし、変わらず良好です」と歯切れはいい。

世代屈指の先行力で4戦4勝と結果を残してきた。一気の距離延長にも「折り合いとかをちゃんとすれば何とかなると思っています。上手に気分良く行ければ」と、自分の競馬ができれば不安はない。来週の1週前リハには、主戦の川田が騎乗する予定。1冠目回避の影響を物ともせず、2歳王者が大一番へと着実に調整を進めていく。




posted by 競馬王 at 14:17 | 東京 ☀ | Comment(0) | 競馬関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宝塚記念】ワーザー(香港)を選出

5CBFC064-6197-465B-9C3F-DF3B4ADBAB0E.jpg


6月24日(日)阪神競馬場で行われる宝塚記念(GI)に予備登録を行っていた香港のワーザーが選出された。

ワーザーはJ.ムーア調教師の管理する7歳セン馬。通算成績は29戦10勝、2016年のクイーンエリザベス2世カップ(G1)や2017年の香港ゴールドカップ(G1)などを制している。



posted by 競馬王 at 14:11 | 東京 ☀ | Comment(0) | 競馬関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

グラヴィオーラがV! 断然人気プロミストリープを7馬身圧倒!/東京プリンセス賞・大井

D09B65BA-F423-4E2C-B81E-E5A839D53C61.jpg

コパノリッキー ダートG1敵なし



10日、大井競馬場で行われた第32回東京プリンセス賞(3歳・牝・ダ1800m・1着賞金2000万円)は、好位でレースを進めた今野忠成騎手騎乗の2番人気グラヴィオーラ(牝3、船橋・佐藤賢二厩舎)が、直線で先頭に立って後続を突き放し、2着の1番人気プロミストリープ(牝3、大井・藤田輝信厩舎)に7馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分53秒1(不良)。



さらに7馬身差の3着に7番人気ゴールドパテック(牝3、川崎・岩本洋厩舎)が入った。なお、3番人気ストロングハート(牝3、川崎・内田勝義厩舎)はゴールドパテックから1.3/4馬身差の4着に終わった。



勝ったグラヴィオーラは、父サウスヴィグラス母カクテルラウンジその父タニノギムレットという血統。昨年の東京2歳優駿牝馬(大井)を制するも、今年に入ってユングフラウ賞(浦和)で2着、桜花賞(浦和)で3着と連敗を喫していたが、ここで復権を果たした。




style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-6124856890108761"
data-ad-slot="2934463733"
data-ad-format="auto">





posted by 競馬王 at 02:32 | 東京 | Comment(0) | レース情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月09日

【凱旋門賞2018】エネイブル故障で1番人気はクラックスマンに サクソンウォリアーが3番人気

51D5BA2E-D461-4F8F-A28A-6CF3AEB54CC0.jpg

 
昨年の凱旋門賞馬・エネイブル(牝4、英・J.ゴスデン厩舎)の脚部不安による調整・復帰戦の遅れにより、欧州最大のレースの1つ、10月7日にパリ・ロンシャン競馬場で行われる凱旋門賞(G1・芝2400m)のブックメーカー各社の前売りオッズにも変化が出ている。

 
エネイブルの僚馬で、4月29日にパリ・ロンシャン競馬場で行われたガネー賞(G1・芝2100m)を4馬身差完勝した昨年の欧州最優秀3歳牡馬のクラックスマン(牡4、英・J.ゴスデン厩舎)が前売り1番人気に浮上した。同馬の次走は、5月27日にアイルランドのカラ競馬場で行われるタタソールズゴールドC(G1・芝2100m)が有力。

 
また、5日にイギリスのニューマーケット競馬場で行われたクラシック第1冠目の英2000ギニーを制し、日本産馬初の英国クラシック制覇の偉業を達成したディープインパクト産駒サクソンウォリアー(牡3、愛・A.オブライエン厩舎)が、上記ゴスデン厩舎の有力2頭に次ぐオッズとなっている。







posted by 競馬王 at 02:14 | 東京 ☔ | Comment(0) | 競馬関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月07日

英国牝馬三冠初戦は大波乱 最低人気ビレスドンブルックが優勝

4EA5A32F-00BE-414D-82F8-FD89C5B908EB.jpg

 



6日(日曜日)にニューマーケットで行われた、英国3歳牝馬3冠初戦のG1千ギニー(芝8F)は、オッズ67倍で最低人気だったビレスドンブルック(牝3、父シャンゼリゼ)の優勝という大波乱となった。

 
20名のシンジケートメンバーによるポールモール・パートナーズが所有し、リチャード・ハノンが管理する、ビレスドンブルックの前走までの成績は9戦3勝。昨年8月にグッドウッドで行われたG3プレスティージS(芝7F)を制した実績があったが、続くドンカスターのG2メイヒルS(芝8F)は5着、今季初戦となったニューマーケットのG3ネルグウィンS(芝7F)では4着に敗れていた。

  
67倍は、1814年に創設され、今年で205回目の開催を迎えた1000ギニーにおける歴代最高の配当で、英国3歳クラシック5競走においても、1961年に同じく67倍でダービーを制したプシディアム以来、57年振りとなる高配当だった。

 
ビレスドンブルックから1.3/4馬身差の2着が、昨年10月のG1フィリーズマイル(芝8F)勝ち馬ローレンス(牝3、父シユーニ、8倍の4番人気)で、更に1/2馬身遅れた3着が、牡馬を破ったG1ジャンルクラガルデル賞(芝1600m)を含む2つのG1を制している実績を買われて1番人気(3.75倍)に推されていたハッピリー(牝3、父ガリレオ)だった。

  
ビレスドンブルックの次走は、現段階では未登録のG1コロネーションS(芝7F213y)に、追加登録を行なった上で参戦することになる模様だ。
 

posted by 競馬王 at 16:32 | 東京 ☁ | Comment(0) | 競馬関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


人気記事