2018年07月20日

能力紙一重の大接戦、ハンデ比較は意味を持たない/白河特別



◆コース適性がある“芦毛の牝馬”に注目

夏の「福島→新潟」計20日間の開催のうち、1000万特別がメインレースになるのはこの日だけ。つまり、関東圏の本開催扱いで1000万特別が11Rとして行われるのは、1年間にこの「2回福島7日目」だけである。


ふつう、1000万特別とはいえフルゲート16頭ともなれば、ハンデ「55〜57」キロが妥当となる馬が最低でも3〜4頭はいるものだが、7歳エルカミーノレアルが55キロ。54キロの牡馬が4頭いて、以下はみんな「50〜53」キロとなったハンデ戦。


良くいえば、能力紙一重の大接戦。ふつうに形容すると、メインを飾る1000万条件の特別とすると「しかし、そのレベルは…」という力関係を示している。


昨年の白河特別もたまたま同じようなハンデの組み合わせになり、結果は「52,50,53」キロの軽ハンデ馬の決着。わずか12頭立てなのに、3連単は60万円台だった。



今年は、軽ハンデ53キロ以下の馬が11頭もいる。ハンデ比較はあまり意味を持たず、その馬にとってどのくらい軽いかがポイントか。


posted by 競馬王 at 21:31 | 東京 ☀ | Comment(0) | 競馬関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アドマイヤマーズ、堂々とした走りで好タイムをマーク

364B8576-D863-41A5-B90B-CA8D22E0322C.jpg

好印象だ、サトノダイヤモンドの全弟(27日・石渡・美浦)
 
サトノダイヤモンドの全弟マルペンサの16(牡2歳、美浦・堀、父ディープインパクト、母マルペンサ)が入厩。27日、坂路を軽めのキャンターで登坂。まだ全体的に緩さの残る馬体ではあるが、ボリュームのあるトモは好印象。今後の動向に注目。


アスカリ、夢広がる走りを期待(27日・安里・栗東)
 
アスカリ(牡2歳、栗東・西園、父キングカメハメハ、母フィロンルージュ)は中京3日目の芝1400mでデビュー予定。「坂路で50秒8、ラスト12秒4。最後までしっかりしたいい動きだった。

母はヴァーミリアンの妹でダートの方がいいのかもしれないが、芝がダメな血統ではないからね。夢の広がる走りを期待したい」と師も楽しみにしている。


posted by 競馬王 at 13:31 | 東京 ☁ | Comment(0) | 競馬関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サトノアレスが仏G1挑戦を断念

3B1C7294-7A8F-46B5-86C4-A4DCB2FF7BC9.jpg

16年の2歳チャンピオンで、今年の安田記念で4着に好走したサトノアレス(牡4歳、美浦・藤沢和雄厩舎)が20日、体調不良のため、次戦に予定していたジャックルマロワ賞・仏G1(8月12日・ドーヴィル、芝直線1600メートル)への挑戦を見送ることが決まった。

藤沢和師は「ここまで来て残念だけど、来週には検疫厩舎に入らなければいけないから。日程的にも無理はできない。直線競馬の1600メートルは合うと思っていたし、楽しみにしていたんだけどね。放牧に出して秋に備えます」と説明。今後は茨城県のミホ分場へ放牧に出され、秋に備える。






posted by 競馬王 at 13:27 | 東京 ☁ | Comment(0) | 競馬関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月18日

ダート戦線上半期を振り返る


C9541C84-3D63-4D13-8E10-90BB677243EF.png


◆地方馬の勝利が少なく、ちょっと寂しい

先週のジャパンダートダービーで、ダート戦線の今年上半期が一段落。ここまでを振り返ってみたい。

まずは3歳戦線。この世代の2歳時から振り返ってみると、エーデルワイス賞こそホッカイドウ競馬所属馬が上位を独占したが、北海道2歳優駿、兵庫ジュニアグランプリ、全日本2歳優駿は、いずれも地方馬は3着が最高という成績。


明けて3歳の兵庫チャンピオンシップは中央5頭が掲示板を独占。地方馬は地元兵庫と笠松のみの出走で、最先着の6着馬でも5着馬から7馬身と大きな差をつけられた。

地方馬では全日本2歳優駿3着という成績で地方の2歳チャンピオンとなったハセノパイロが東京ダービーで復活の勝利。ジャパンダートダービーでは地方馬の最右翼として期待(それでも7番人気)されたが、まったく能力を発揮できず11着に沈んだ。

東京ダービーではハセノパイロが復活V


そのジャパンダートダービーは、ルヴァンスレーヴの強さが際立つ結果となった。全日本2歳優駿とジャパンダートダービーを制した馬は、2001年トーシンブリザード(船橋)、2007年フリオーソ(船橋)に続いて3頭目、中央馬では初めてのこととなった。


またユニコーンSからジャパンダートダービーを制したのは2005年カネヒキリ、2015年ノンコノユメに続いて3頭目。それら主要タイトルを制したことからも、今後、ルヴァンスレーヴにはダートチャンピオン級の活躍の期待がかかる。

ダートチャンピオン級の活躍の期待がかかるルヴァンスレーヴ


 3歳牝馬による関東オークスは、出走した中央4頭のうち2頭が1勝馬と、例年に比べてやや低調なメンバーで争われた。


そんな中で勝ったのは、中央4頭ではもっとも人気がなく、単勝21.1倍、6番人気というハービンマオだった。


中央勢が低調だったぶん、2着ゴールドパテック、3着クレイジーアクセル、4着ミスマンマミーアと、南関東所属馬も上位に入線した。

関東オークスは6番人気ハービンマオが優勝


posted by 競馬王 at 01:45 | 東京 ☀ | Comment(0) | 競馬関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【盛岡・マーキュリーC】ミツバが差し切り連覇達成!

729407F4-5C54-443A-A7AE-655F1C6EF00D.jpg

16日、盛岡競馬場で行われた第22回マーキュリーC(GIII・3歳上・ダ2000m・1着賞金2300万円)は、先団の後ろでレースを進めた松山弘平騎手騎乗の2番人気ミツバ(牡6、栗東・加用正厩舎)が、直線で脚を伸ばして、逃げ粘る4番人気ヨシオ(牡5、栗東・森秀行厩舎)を捕らえ、これに1馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分3秒5(良)。


さらに4馬身差の3着に1番人気フェニックスマーク(牡4、美浦・田島俊明厩舎)が入った。なお、3番人気ザイディックメア(牡6、栗東・村山明厩舎)は6着に終わった。


勝ったミツバは、父カネヒキリ母セントクリスマスその父コマンダーインチーフという血統。昨年に続くマーキュリーCの連覇を達成した。



posted by 競馬王 at 01:43 | 東京 ☀ | Comment(0) | 競馬関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月13日

【プロキオンS】驚異的レコードを引き出した武豊騎手、逃げの極意

CD9D874A-2D3D-429C-B6F5-83117E65082C.jpg

中京で行われたプロキオンSは、5番人気のマテラスカイが直線で他馬を寄せ付けず圧勝!JRAレコード更新のおまけ付きで、そのタイムは従来の記録を1.2秒も上回る1分20秒3。今回はその驚異的レコードの裏にあった鞍上・武豊騎手の馬のスピードだけに頼らない絶妙な“ハナの奪い方”に注目。現役時に同じく逃げ・先行を得意とした哲三氏の当時の経験談とともに解説します。(構成:赤見千尋)

中舘騎手に藤田騎手…逃げを得意とする騎手の共通点は


 先週のプロキオンSは5番人気だったマテラスカイが1分20秒3という驚異的なレコードタイムで圧勝しました。能力の高い馬だとは思っていましたが、まさかここまで強い勝ち方をしてしまうとは…。馬自身の頑張りと陣営の努力はもちろんですが、マテラスカイの強さを引き出した(武)豊さんの騎乗ぶりはさすがでしたね。

 今年のプロキオンSは逃げや先行で結果を出している馬が多く、スタートしてからのハナ争いは激しくなる可能性がありました。しかし、マテラスカイ&豊さんはきっちりとスタートを決め、外枠から内の馬たちを抑えてハナへ。途中で絡まれることなく、独走態勢でレースを運びました。

■7月8日 プロキオンS(13番:マテラスカイ)

 逃げ方というのはジョッキーそれぞれの考えがあって、いろいろな方法があります。馬の走力やスピードで違ってきますが、僕自身が逃げ馬に乗る時に一番気を付けていたことは、途中からつつかれるような形にしない、ということです。

 逃げる時のセオリーとして、ハナに立ったらペースを落としてスローにした方がいい、と考えている方もいるかもしれませんが・・・




posted by 競馬王 at 15:41 | 東京 ☀ | Comment(0) | 競馬関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

野中悠太郎騎手がアイルランドへ ジョニー・ムルタ厩舎で武者修行

D96B3E4B-268A-432F-83CB-28C824D5C10F.jpg

野中悠太郎騎手(21)が、アイルランドに長期遠征することが決まった。

デビュー4年目の野中騎手は、兄弟子の丸山元気騎手、妹弟子の藤田菜七子騎手と共に根本厩舎(美浦)に所属。“厩舎3人弟子”の次兄として切磋琢磨してきた。

海外遠征を意識したのは、昨年6月にフランスシャンティイ競馬場で行われた、若手騎手招待競走にJRA代表として参加したことだという(2着/14頭)。

「以前から海外に行ってみたいと思っていたのですが、昨年、フランスの招待競走に参加させていただいて、その気持ちをより強くしました。帰ってきてすぐに根本先生に“海外に行きたいです”とご相談し、ビザの関係でこのタイミングになったのですが、いよいよ実現することができそうです。

海外の競馬を実際に目で見て体感し、しっかり学んで来ると共に、馬文化の違うヨーロッパの環境の中で、改めて“馬”についても基本的なことから知っていきたいと思います」と、決意を語った。

野中騎手の受け入れ先は、ジョニー・ムルタ厩舎。

ムルタ師はジョッキー時代、シンダーの主戦として英ダービー、愛ダービー凱旋門賞などを制するなど活躍。2011年のワールドスーパージョッキーズシリーズで総合優勝し、日本の競馬ファンの前でもその姿を披露している。

 遠征の期間は3月19日から10月末を予定。


posted by 競馬王 at 12:46 | 東京 ☀ | Comment(0) | 競馬関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月08日

【開成山特別】オジュウチョウサン 平地でも圧勝!ファン投票選出でいざ有馬記念へ

393F9609-7849-418D-885D-FA3EFF73FDAB.jpg

 「開成山特別」(7日、福島)

開設100周年を迎えた福島が“歴史的1勝”に沸いた。約4年8カ月ぶりの平地戦出走となったオジュウチョウサン(牡7歳、美浦・和田郎)が3馬身差の完勝。


ハードル界の絶対王者が、平地でも力の違いを見せた。この勝利で平地重賞に出馬投票できる権利を獲得。陣営はファン投票選出での有馬記念(12月23日・中山)出走を目標に掲げた。


G1にも匹敵する歓声が福島の空にこだました。障害界の絶対王者オジュウチョウサンが、約4年8カ月ぶりの平地戦を見事にV。後続に3馬身差をつけて完勝した。


降り注ぐ暖かい拍手に、初コンビとなった武豊は「この馬の人気を改めて感じました。初めてまたがったけど感触のいい馬」と笑顔をのぞかせる。「障害がなくても強い。もっと走るよ。しかし誰だ、無印にしたのは。謝れ(笑)」。パンツの泥を払いつつ、周囲の記者にツッコんだ。

馬場入場からしばらく、オジュウはきょとんとしていた。いつもは競走前に見て回るはずの障害がない。しばらくたたずんでいたが、周囲が返し馬に入るのを見て得心したのか、ゆったりと返し馬のキャンターへ移行した。 


平常心で入ったゲートは速かった。すぐに抑えて4番手の内で折り合う。勝負どころの4角で先頭に立つと、大歓声のなかゴールラインを貫いた。


「パドックやスタート前もたくさんの人が見てくれているのを感じました。歓声もすごくて。そこをきっちり勝ってくれる。すごい馬です」。歴史的挑戦を見届けた和田郎師は胸をなで下ろした。


平地での収得賞金はまだわずか500万円。しかし、これで全ての平地重賞に出馬投票できる権利を獲得した。


フルゲートに満たなければ出走が可能で、ファン投票上位に食い込めば有馬記念参戦もかなう。「オーナーがそういう意向であれば、次も平地で適切なところを考えていくことになると思います。



馬の状態も見て、間をどれだけあけるかなど、しっかり考えなければ」とトレーナーは気を引き締めた。


今後は条件戦を勝ち上がっていくのか。あるいはひとっ飛びに平地重賞へ挑むのか。いずれにしても、年内の大目標は暮れのグランプリだ。


「産駒特有の身のこなしの柔らかさとか、スタミナもスピードも受け継いでいる」。父ステイゴールドの背も知る武豊は広がる可能性を口にした。競馬界の“二刀流伝説”へ-。この日が、その起点になる。

posted by 競馬王 at 11:28 | 東京 ☀ | Comment(0) | 競馬関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

藤田菜七子がJRA通算30勝 女性騎手として初の2年連続2桁勝利

DDD58E8A-10DA-484B-AA00-AFF486AFD1B8.jpg

藤田菜七子騎手(20)=美浦・根本=が7日、福島2Rで7番人気コパノステラートに騎乗し、3角先頭の競馬でV。


減量特典が3→2キロ減となってからの初勝利で、女性騎手として初の2年連続2桁勝利となる10勝目を挙げた。


「積極的なレースをしようと思っていました。道中はいいリズムで走ってくれましたし、最後まで頑張ってくれました」とパートナーをたたえた菜七子は、これでJRA通算30勝に到達。


牧原(現・増沢)由貴子元騎手が記録した、JRA女性騎手最多勝利(34勝)更新にあと5勝まで迫った。


posted by 競馬王 at 11:26 | 東京 ☀ | Comment(0) | 競馬関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月07日

【七夕賞予想】難解な福島伝統のハンデ重賞! カギを握るのはコース適性と距離実績

852510D0-231E-4EE3-977E-E11AC468FA33.jpg

今週は、開設100周年を迎えた夏の福島競馬のハイライトを迎える。7月7日には、開成山特別オジュウチョウサン武豊騎手とのコンビで参戦。障害歴代最強馬ともいわれるオジュウチョウサンがスーパージョッキーを背に平地競走でどんな競馬を見せるか。歴史的挑戦をファンも楽しみにしているだろう。



翌8日にはGIII第54回七夕賞(芝2000m)が行われる。今年は福島競馬場開設100周年記念競走として行われるが、サマー2000シリーズ開幕戦としては登録段階からメンバーが寂しいのが残念だ。1993年にツインターボが逃げ切った七夕賞当日は入場者4万7391人で今も福島競馬場の入場者レコードとなっている。



このときが1分59秒5で、初めて七夕賞で2分を切ったレースレコード。1000m通過が57秒4のハイペースだった。かつてはJRA重賞記録となった1番人気26連敗の「荒れる重賞」だったが、近年は極端に荒れない。



キーワードは、「高速化」と「ディープインパクト産駒」だ。開幕前に、福島競馬の芝は2009年秋の「エクイターフ」の導入を契機に劇的に変わった、と述べた。芝は「高速化」し、荒れ馬場はもはや死語になった。加えて、開催時期の変更も七夕賞の「高速化」に拍車をかけた。2013年から、夏の福島競馬は2週遅れて7月第1週に開幕するようになった。


それまで3週目に行われていたラジオNIKKEI賞は開幕週に、最終週に行われていた七夕賞は2週目に繰り上がった。この影響が明確に数字に表れた。2013年のマイネルラクリマは1分58秒9で、史上初めて1分58秒台を記録。



以降、昨年まで5年連続で1分58秒台の決着となった。高速決着になって逃げ切りは、2014年のメイショウナルトだけ。差し馬有利なのは、高速馬場で自然とペースが速くなるためだろうか。


そして、速い馬場でディープインパクト産駒が台頭した。2014年にニューダイナスティが2着。2016年は、アルバートドックダコールでワンツー。



2017年はゼーヴィントが勝ってディープインパクト産駒が連覇し、2着マイネルフロストディープインパクトの全兄のブラックタイド産駒。高速決着に強いタイプの種牡馬を狙えばいい。ただ、ペースが速いため極端に上がりが速くなることはない。これが特徴だろう。



ところが、困ったことが起きた。今年は登録馬のなかにディープインパクト産駒がいない。さらに、週中から雨が続き、どうやら週末は馬場が悪化しそうだ。ここまでの前振りは来年以降に役立てていただきたい。



こうなると、過去の傾向を再び使えばいいだろうか。力のいる馬場が得意な種牡馬に注目だ。さらにベタな表現だが、夏場の重賞は好調馬を狙うべきだろう。今回はハービンジャー産駒が3頭。ディアドラベルーフプロフェットドレッドノータスなど右回りの芝2000mのGIIIで結果を残している。



加えて6月、7月の夏場に強い。今回はサーブルオールマイネルサージュレイホーロマンスの3頭が参戦予定。人気はサーブルオールだろうが、コース実績はマイネルサージュ。春の福島民報杯は上がりのかかる馬場で後方一気を決めた。馬場状態を含めて狙い目だろう。



ステイゴールドはもともと福島に向く種牡馬で2000mに強く、6月、7月の時期にも良績がある。マイネルミラノワンブレスアウェイはともに福島実績があり、馬場が悪化すればさらに浮上する。

 
マンハッタンカフェ産駒プラチナムバレットは上がりのかかる馬場が合うが、1800mや2200mの中途半端な距離に強いことが2000mでどう出るか。堅実味と操縦性の高さは福島向きだろう。



福島牝馬Sを制したメイショウサムソン産駒キンショーユキヒメはコース巧者だ。ただ、近年牝馬は不振。これらを踏まえて天候、馬場状態も考慮して結論を出したい。

posted by 競馬王 at 01:41 | 東京 ☔ | Comment(0) | 競馬関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


人気記事
    RSS取得