2017年02月20日

G1馬が4頭 中山記念

 リアルスティールヴィブロスといったGI馬が4頭に、アンビシャスをはじめとした強豪も参戦してきた中山記念。好メンバーの一戦を制するのはどの馬か。出走を予定している主な有力馬は次の通り。


■2/26(日) 中山記念(4歳上・GII・中山芝1800m)


リアルスティール(牡5、栗東・矢作芳人厩舎)は昨年の中山記念をステップに、ドバイターフを制覇。同レースの連覇を目指して、今年もここから始動する。昨年はドゥラメンテアンビシャスの後塵を拝した(3着)が、今年は勝ってドバイに臨みたいところだ。なお、当初騎乗予定だったR.ムーア騎手が豪州遠征のため、今回は戸崎圭太騎手とコンビを組む。


アンビシャス(牡5、栗東・音無秀孝厩舎)は昨年の本レースでドゥラメンテにクビ差まで迫り、続く大阪杯ではキタサンブラックを撃破した。まだGIには手が届いていないものの、実力は間違いなくトップクラスの存在。GIに昇格した大阪杯に向けて、まずはここで結果を出しておきたい。

 
その他、昨年の秋華賞ヴィブロス(牝4、栗東・友道康夫厩舎)、米国で重賞を勝ったヌーヴォレコルト(牝6、美浦・斎藤誠厩舎)、4年連続の参戦となるロゴタイプ(牡7、美浦・田中剛厩舎)、昨年の札幌記念モーリスを破っているネオリアリズム(牡6、美浦・堀宣行厩舎)、中山金杯を勝ったツクバアズマオー(牡6、美浦・尾形充弘厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時45分。

スポンサードリンク
posted by 競馬王 at 11:10 | TrackBack(0) | 競馬関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447175759

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク
人気記事
    最近の記事
    (03/23)国内ではGI・高松宮記念、海外ではドバイWCデー開催/今週の競馬界の見どころ
    (02/25)ミホノブルボン 皐月賞、日本ダービー勝利 老衰で死す
    (02/20)G1馬が4頭 中山記念
    (02/14)マカヒキ 京都記念3着
    (02/11)藤田菜七子がJRA3度目の重賞騎乗へ
    (02/11)12冠ベビー・モクレレ骨折
    (02/07)マカヒキ京都記念に向けて
    (02/07)スペシャルウィーク引退しました。
    (02/03)武豊騎手「依頼があればどこにでも乗りに行くのが騎手の仕事」
    (01/29)ミッキーアイルが電撃引退