2018年04月03日

【桜花賞】ラッキーライラックに不安なし 2連勝中の舞台に自信

15DE57C1-644F-4623-9C52-2C9AD904BFD3.jpg

桜花賞・G1」(8日、阪神)

デビューから4戦負けなしのラッキーライラックは、阪神JFで2歳牝馬の頂点を極め、始動戦のチューリップ賞でも完勝を収めた。


桜の舞台は2連勝中の阪神マイルであり、さらに今回は叩いた上積みも見込める。全てが順風満帆で、運を必要とせずともタイトルが転がり込むように思えるほどだ。


「前回は少頭数でしたし、すごいスムーズな競馬ができたと思います。今回は他にも強い相手が出てきますし、頭数も増えますからね。競馬ですから何が起こるかは分かりませんよ」と謙虚に語る松永幹師。



しかし、その表情は明るい。断然の1番人気が予想されるが、重圧でピリピリした様子がまるでないのは、不安がない証拠だろう。

 
実際、前走後も何のアクシデントもなく、青写真通りの調整を続けている。「今までは1回使ったら放牧に出していたのですが、今回は初めてそのまま在厩して調整しています。冬毛が抜けてきて体調が良くなっていますよ」と上昇ムードを感じ取っている。

 
前走のプラス10キロは成長分。2歳時と比べて、体がたくましくなり、上がり3F33秒3とさらに決め手に鋭さが増していた。


「レース後またフックラしてきたし、体重は前走と同じくらいでしょう。落ち着きもあるし、カイバも食べてくれている。ここまでは順調です」とトレーナーは胸を張る。


まずは1冠奪取へ。実績と実力を兼ね備えたライラックが、無敗の進軍を続ける。

スポンサードリンク
posted by 競馬王 at 09:46 | Comment(0) | 競馬関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。


人気記事
RDF Site Summary
RSS 2.0
RSS取得
炭水化物祭りin一宮
『おいしいもの とつかブランド』
スイーツスクエア
最高に幸せな予感
大祭A