2018年04月16日

エポカドーロが混戦に断! オルフェーヴルとの父子制覇達成!/皐月賞

1FBFB71A-8BCF-462E-B393-62225369EAC7.jpg

 
15日、中山競馬場で行われた皐月賞(3歳・牡牝・GI・芝2000m)は、先行3頭から大きく離れた4番手でレースを進めた戸崎圭太騎手騎乗の7番人気エポカドーロ(牡3、栗東・藤原英昭厩舎)が、直線で前を交わして抜け出し、5番手から追い上げた9番人気サンリヴァル(牡3、栗東・藤岡健一厩舎)に2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分0秒8(稍重)。

 
さらに1.3/4馬身差の3着に8番人気ジェネラーレウーノ(牡3、美浦・矢野英一厩舎)が入った。なお、2番人気ステルヴィオ(牡3、美浦・木村哲也厩舎)は4着、3番人気キタノコマンドール(牡3、栗東・池江泰寿厩舎)は5着、1番人気ワグネリアン(牡3、栗東・友道康夫厩舎)は7着に終わった。

 
勝ったエポカドーロは、父オルフェーヴル母ダイワパッションその父フォーティナイナーという血統。前哨戦のスプリングSではハナ差の2着に敗れたが、この本番で鮮やかに抜け出し、牡馬クラシックの1冠目を手にした。

 
鞍上の戸崎圭太騎手はこれが初のクラシック制覇で、GI勝利は2016年のヴィクトリアマイル以来。また、エポカドーロの父オルフェーヴルにとっては、初年度産駒のクラシック制覇&皐月賞父子制覇となった。


戸崎圭太騎手のコメント】
 クラシックを獲れて嬉しく思います。ずっと乗せていただいてますが、調子の良さや成長を感じていい雰囲気でした。


(道中は)いい手応えでしたし、先生との作戦通りに前を見ながらレースを運べました。ゴールするまでは必死でしたが、直線では反応も良くしっかり伸びてくれました。使うごとに成長していますので、(ダービーでは)またさらに良くなると思います。
 



スポンサードリンク
posted by 競馬王 at 00:19 | Comment(0) | 競馬関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。


人気記事