2018年04月17日

レコードVで権利獲得のタワーオブロンドンはNHKマイルCへ

97F761FE-823E-4AA1-A409-CA8ED5CAA1C3.jpg

 
14日に阪神競馬場で行われたアーリントンC(GIII・芝1600m)を1:33.4のレースレコードで制したタワーオブロンドン(牡3、美浦・藤沢和雄厩舎)は、5月6日に東京競馬場で行われるNHKマイルC(GI・芝1600m)に向かう。

 
タワーオブロンドンは、父Raven's Pass母スノーパインその父Dalakhaniという血統。重賞勝利は昨年の京王杯2歳S(GII・芝1400m)に続き2つ目で、通算成績は6戦4勝。デビュー戦からすべてのレースでC.ルメール騎手が手綱を取っている。


今年からNHKマイルCのトライアル競走(3着までに本番の優先出走権)となったアーリントンCを制し、国内外で勢いのあるゴドルフィンの勝負服が本番へと挑む。





スポンサードリンク
posted by 競馬王 at 01:01 | Comment(0) | 競馬関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。


人気記事
RDF Site Summary
RSS 2.0