2018年05月01日

【天皇賞】クリンチャー3着 凱旋門GOサイン 折り合い重視で収穫あった!



6F434D8F-B209-47E1-99B2-4D77F6252446.jpg

 「天皇賞(春)・G1」(29日、京都)

 
G1初制覇を目指したクリンチャーは3着だった。道中7番手で折り合いに専念。直線外から懸命に末脚を伸ばしたが、頂点には届かなかった。

 
初コンビとなった三浦は「思った通りのポジションを取れなかったけど、その分、リズムを守ってリラックスして乗れました。3、4コーナーで前に馬を置いて潜り込ませることもできましたが…」とガックリ。武豊の騎乗停止で、急きょ巡ってきたチャンスを生かせなかった。



それでも収穫はあった。宮本師は「今回は折り合い重視でしたからね。悔しいですが、満足な乗り方をしてくれました」とうなずいた。レース直後に、今秋のフランス遠征が正式決定した。宝塚記念はパスして、武豊を背にパリロンシャン競馬場で行われるフォワ賞・仏G2(9月16日)から凱旋門賞・仏G1(10月7日)へ。盾の悔しさを胸に世界に挑む。





スポンサードリンク
posted by 競馬王 at 02:52 | 東京 ☀ | Comment(0) | 競馬関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。


人気記事
RDF Site Summary
RSS 2.0
RSS取得
Silicon Valley Academy of Arts
ティアラさんで
タピオカ
マーティン・フリードマン先生講習会
台湾のかき氷!