2018年05月01日

クラックスマンが始動戦を4馬身差完勝 4連勝でG1・2勝目

29日にフランスのパリ・ロンシャン競馬場で行われたガネー賞(G1・芝2100m)は、2番手でレースを進めたL.デットーリ騎手騎乗のクラックスマン(牡4、英・J.ゴスデン厩舎)が、ラスト200mで逃げ粘るレンズデイを交わし、4馬身差で快勝した。良馬場で勝ちタイムは2:09.44。


2着は逃げたレンズデイ(牡4、仏・A.ファーブル厩舎)、3着はドバイシーマクラシック3着から臨んだクロスオブスターズ(牡5、仏・A.ファーブル厩舎)。


クラックスマンは父Frankel母Rhadegundaその父Pivotalという血統。昨年の欧州最優秀3歳牡馬で、昨年の欧州年度代表馬エネイブルの僚馬。昨年10月の英チャンピオンS(G1・芝2000m)での7馬身差独走以来の復帰戦を完勝し、G1・2勝目を挙げた。通算成績は8戦6勝。



スポンサードリンク
posted by 競馬王 at 17:31 | 東京 ☀ | Comment(0) | レース情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。


人気記事