2018年05月07日

英国牝馬三冠初戦は大波乱 最低人気ビレスドンブルックが優勝

4EA5A32F-00BE-414D-82F8-FD89C5B908EB.jpg

 



6日(日曜日)にニューマーケットで行われた、英国3歳牝馬3冠初戦のG1千ギニー(芝8F)は、オッズ67倍で最低人気だったビレスドンブルック(牝3、父シャンゼリゼ)の優勝という大波乱となった。

 
20名のシンジケートメンバーによるポールモール・パートナーズが所有し、リチャード・ハノンが管理する、ビレスドンブルックの前走までの成績は9戦3勝。昨年8月にグッドウッドで行われたG3プレスティージS(芝7F)を制した実績があったが、続くドンカスターのG2メイヒルS(芝8F)は5着、今季初戦となったニューマーケットのG3ネルグウィンS(芝7F)では4着に敗れていた。

  
67倍は、1814年に創設され、今年で205回目の開催を迎えた1000ギニーにおける歴代最高の配当で、英国3歳クラシック5競走においても、1961年に同じく67倍でダービーを制したプシディアム以来、57年振りとなる高配当だった。

 
ビレスドンブルックから1.3/4馬身差の2着が、昨年10月のG1フィリーズマイル(芝8F)勝ち馬ローレンス(牝3、父シユーニ、8倍の4番人気)で、更に1/2馬身遅れた3着が、牡馬を破ったG1ジャンルクラガルデル賞(芝1600m)を含む2つのG1を制している実績を買われて1番人気(3.75倍)に推されていたハッピリー(牝3、父ガリレオ)だった。

  
ビレスドンブルックの次走は、現段階では未登録のG1コロネーションS(芝7F213y)に、追加登録を行なった上で参戦することになる模様だ。
 


スポンサードリンク
posted by 競馬王 at 16:32 | 東京 ☁ | Comment(0) | 競馬関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。


人気記事
RDF Site Summary
RSS 2.0