2018年05月09日

【凱旋門賞2018】エネイブル故障で1番人気はクラックスマンに サクソンウォリアーが3番人気

51D5BA2E-D461-4F8F-A28A-6CF3AEB54CC0.jpg

 
昨年の凱旋門賞馬・エネイブル(牝4、英・J.ゴスデン厩舎)の脚部不安による調整・復帰戦の遅れにより、欧州最大のレースの1つ、10月7日にパリ・ロンシャン競馬場で行われる凱旋門賞(G1・芝2400m)のブックメーカー各社の前売りオッズにも変化が出ている。

 
エネイブルの僚馬で、4月29日にパリ・ロンシャン競馬場で行われたガネー賞(G1・芝2100m)を4馬身差完勝した昨年の欧州最優秀3歳牡馬のクラックスマン(牡4、英・J.ゴスデン厩舎)が前売り1番人気に浮上した。同馬の次走は、5月27日にアイルランドのカラ競馬場で行われるタタソールズゴールドC(G1・芝2100m)が有力。

 
また、5日にイギリスのニューマーケット競馬場で行われたクラシック第1冠目の英2000ギニーを制し、日本産馬初の英国クラシック制覇の偉業を達成したディープインパクト産駒サクソンウォリアー(牡3、愛・A.オブライエン厩舎)が、上記ゴスデン厩舎の有力2頭に次ぐオッズとなっている。








スポンサードリンク
posted by 競馬王 at 02:14 | 東京 ☔ | Comment(0) | 競馬関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。


人気記事
RDF Site Summary
RSS 2.0
RSS取得
Silicon Valley Academy of Arts
ティアラさんで
タピオカ
マーティン・フリードマン先生講習会
台湾のかき氷!