2018年05月11日

グラヴィオーラがV! 断然人気プロミストリープを7馬身圧倒!/東京プリンセス賞・大井

D09B65BA-F423-4E2C-B81E-E5A839D53C61.jpg

コパノリッキー ダートG1敵なし



10日、大井競馬場で行われた第32回東京プリンセス賞(3歳・牝・ダ1800m・1着賞金2000万円)は、好位でレースを進めた今野忠成騎手騎乗の2番人気グラヴィオーラ(牝3、船橋・佐藤賢二厩舎)が、直線で先頭に立って後続を突き放し、2着の1番人気プロミストリープ(牝3、大井・藤田輝信厩舎)に7馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分53秒1(不良)。



さらに7馬身差の3着に7番人気ゴールドパテック(牝3、川崎・岩本洋厩舎)が入った。なお、3番人気ストロングハート(牝3、川崎・内田勝義厩舎)はゴールドパテックから1.3/4馬身差の4着に終わった。



勝ったグラヴィオーラは、父サウスヴィグラス母カクテルラウンジその父タニノギムレットという血統。昨年の東京2歳優駿牝馬(大井)を制するも、今年に入ってユングフラウ賞(浦和)で2着、桜花賞(浦和)で3着と連敗を喫していたが、ここで復権を果たした。




style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-6124856890108761"
data-ad-slot="2934463733"
data-ad-format="auto">






スポンサードリンク
posted by 競馬王 at 02:32 | 東京 | Comment(0) | レース情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。


人気記事
RDF Site Summary
RSS 2.0