2018年05月26日

ダンビュライトは宝塚記念へ、武豊騎手とコンビ復活

24F7BD95-792B-40BA-BE9D-14EB52D1F4C7.jpg

 
今年のアメリカジョッキークラブCを制したダンビュライト(牡4、栗東・音無秀孝厩舎)は武豊騎手とのコンビで、6月24日に行われる宝塚記念(GI・阪神芝2200m)に向かうことが分かった。

 
ダンビュライトは父ルーラーシップ母タンザナイトその父サンデーサイレンスという血統。昨年の牡馬クラシックでは武豊騎手とコンビを組み、皐月賞3着、日本ダービー6着、菊花賞5着という成績だった。宝塚記念では菊花賞以来のコンビ復活となる。

 
また、僚馬のミッキーロケット(牡5、栗東・音無秀孝厩舎)も引き続き和田竜二騎手とのコンビで、宝塚記念に向かう予定。


スポンサードリンク
posted by 競馬王 at 01:29 | 東京 ☀ | Comment(0) | 競馬関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。


人気記事
RDF Site Summary
RSS 2.0
RSS取得
炭水化物祭りin一宮
『おいしいもの とつかブランド』
スイーツスクエア
最高に幸せな予感
大祭A