2018年05月28日

【日本ダービー優勝】ワグネリアン陣営と福永祐一騎手のレース直前の会話「勝ってきてくださいね」「うん」

648C5878-BC2F-4EF7-B209-266925422A9D.jpg

 
第85回日本ダービーを優勝したワグネリアンはレース後、僚馬・エタリオウとともに東京競馬場から直接ノーザンファーム天栄に放牧に出る。担当の藤本助手もワグネリアンに付き添って送り届けるため、天栄へ出発する前に日本ダービーを振り返っていただいた。

 
レース直前、藤本助手は輪乗りをしているときに福永祐一騎手と結構話をしていたそうだ。


「祐一さんは『結構、外差しも決まっているけど、前10番手以内のポジションが欲しい』と言っていましたね」

 
8枠17番から積極的に前へ動いていったのは、作戦どおりだったというわけだ。

 
ダービーの出走間際ではあるが比較的リラックスしたムードで話している中で、藤本助手は笑顔でサラッと福永騎手に言った。


「祐一さん、勝ってきてくださいね」

 
それに対して、福永騎手は「うん」と答えた。厩舎から騎手へ、見えないバトンが受け渡された瞬間だった。

 
藤本助手はゲート付近から歩きながらゴール方向へ移動しながらレースを見ていた。直線でワグネリアンコズミックフォースをかわしたあたりで勝ちを意識したそうだ。

「ちょうど僕たちが見ていた位置からだと内にいる馬の様子(注:エポカドーロ)がわかりにくかったです。でも、そのあたりで勝ちを意識しました。ゴールまではただただ叫んでいたし、ゴール過ぎて勝ったのがわかったら一緒に見ていた山田さん(エタリオウを担当)と抱き合って喜びました」

 
その後、ウイニングランを終えた福永騎手を出迎えた。



「ふたりとも泣いてしまって、何を話したのかあまり覚えていません(苦笑)」

 
そして、激戦を走り終えたワグネリアンだが、今回はかなり疲れていたそうだ。


「息が入るまで結構時間がかかりましたね。しっかり走ってきてくれたのが、その様子からもよくわかりました」

 
そんなワグネリアンを曳きながら、検量室から長い地下馬道を通って出張厩舎へ戻った。

「ふたり(ワグネリアンと藤本助手)で帰ってきたんですが、この時に一番“本当にダービーを勝ったんだな”という実感が湧きましたね」

 
弥生賞皐月賞の二戦はコース形態だけでなく、レース前夜の騒音など事前のトラブルにも悩まされた。

「今回はレースまで特に変わったこともなく順調にこれました。2歳時に勝っているように東京コースが合っているので、今度こそは、の気持ちで挑みました」

 
友道厩舎はマカヒキに続く2頭目のダービー制覇となった。

「勝てて本当に幸せです」








スポンサードリンク
posted by 競馬王 at 01:19 | 東京 ☁ | Comment(0) | 競馬関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。


人気記事