2018年06月14日

【ユニコーンS】ルヴァンスレーヴ1馬身遅れ…萩原師は強気「動き良かった」

F4907F70-6728-4723-ACE3-3BEFB6B0E2D7.jpg

 「ユニコーンS・G3」(17日、東京)

伏竜Sでの初黒星から巻き返しを期す交流G1馬ルヴァンスレーヴ。しかし13日、美浦Wで行われた最終追い切りは、僚馬に手応えで見劣り、1馬身遅れと不安を残す形となった。一方、青竜S勝ちで勢いに乗るグリムは栗東坂路で躍動。自己ベストを更新して好調をアピールした。

 
何とも物足りない内容に映った。ダート界の新星ルヴァンスレーヴが、押せども押せども進まない。美浦Wの向正面で0秒4差で追走。


4コーナーでインに入って並んだが、肩がなかなか出ていかない。手応えも怪しく、助手の手がしきりに動いてもついて行けなかった。

 
結果、5F66秒7-38秒8-12秒6で1馬身の遅れ。確かに併せた相手も軽くはなかった。オープン特別でも掲示板実績のあるミッキージョイ(6歳オープン)だ。


芝でよく切れるパートナーゆえ、併せた直後にスッと前に出られたのも仕方のないところだろう。それにしても、食らいつく気配すらない流れ込みとは…。

 
それでも萩原師は強気だ。「追い切りの動きは良かった。いつもの攻め過程と同じような感じで調整ができたし、前回と比べても変わりない状態にある」と断言。あえて好意的に見れば、追い切りに限ったやる気の問題とも取れる。

 
全日本2歳優駿から前走の伏竜Sまでソエの影響でひと息入れ、いくらか成長分はあったろうが、体重は10キロ増えていた。


今回は体表に筋肉の分かれ目が認められてきっちり絞れてはいる。「ならばもっと動いても」と勘繰るべきなのか、突出した地力ゆえに実戦では走ってしまうのか。この馬の取捨を巡って、ファンには悩ましい週末になりそうだ。


スポンサードリンク
posted by 競馬王 at 10:02 | 東京 ☁ | Comment(0) | 競馬関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。


人気記事
RDF Site Summary
RSS 2.0