2018年06月15日

【宝塚記念】サトノダイヤモンド光明キラリ 復活へラスト切れた11秒4

FA7AD93D-92DC-4378-BC62-B4E0F0C42CB7.jpg

 
宝塚記念・G1」(24日、阪神)

 
次週に迫った上半期のグランプリ。栗東ではファン投票1位のサトノダイヤモンドが、美浦では連覇を狙うサトノクラウンがそれぞれ1週前リハを行った。ダイヤモンドは栗東CWで3頭併せ。最先着を果たすが、まだ物足りなさを残す。また、サトノクラウンも美浦Wで格下馬に先着を許し、まだまだ完成途上を匂わせた。

 
復活へ-。宝塚記念のファン投票1位に支持されたサトノダイヤモンドが、朝一番の栗東CWで1週前追い切りを行った。


前方にシロニイ(4歳1600万下)、後方にキングディグニティ(4歳1000万下)と2頭に挟まれた3頭併せで、シロニイに0秒5、キングに0秒7先着した。



タイムは6F82秒4-38秒3-11秒4。「しまいを伸ばす指示で、上がり重点。先週よりも良かった」と池江師は及第点を与える。

 
月20日の初時計から約1カ月間。栗東坂路で4F60秒を切る時計を7本計時。十分な下地を作った後、14日は帰厩後初めてのコース追い。「反応も良かったですし、ピリッとした感じが出てきた」と良化を伝えた。

 
16年には菊花賞を制し、有馬記念ではあのキタサンブラックを破った。ただ、前走の大阪杯で7着に負けるなど、17年の阪神大賞典以降、約1年3カ月も勝利から遠ざかっている。

 
トレーナーも、まだ物足りなさを感じている。「欲を言えば、菊花賞有馬記念の時の状態に戻したいけど、あと10日でどこまで近づけるか。厳しい状況のなかでやっていきたい」。G12勝のプライドを胸に、輝きを取り戻すことができるか-。



スポンサードリンク
posted by 競馬王 at 11:19 | 東京 🌁 | Comment(0) | 競馬関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。


人気記事
RDF Site Summary
RSS 2.0
RSS取得
Silicon Valley Academy of Arts
ティアラさんで
タピオカ
マーティン・フリードマン先生講習会
台湾のかき氷!