2018年07月13日

野中悠太郎騎手がアイルランドへ ジョニー・ムルタ厩舎で武者修行

D96B3E4B-268A-432F-83CB-28C824D5C10F.jpg

野中悠太郎騎手(21)が、アイルランドに長期遠征することが決まった。

デビュー4年目の野中騎手は、兄弟子の丸山元気騎手、妹弟子の藤田菜七子騎手と共に根本厩舎(美浦)に所属。“厩舎3人弟子”の次兄として切磋琢磨してきた。

海外遠征を意識したのは、昨年6月にフランスシャンティイ競馬場で行われた、若手騎手招待競走にJRA代表として参加したことだという(2着/14頭)。

「以前から海外に行ってみたいと思っていたのですが、昨年、フランスの招待競走に参加させていただいて、その気持ちをより強くしました。帰ってきてすぐに根本先生に“海外に行きたいです”とご相談し、ビザの関係でこのタイミングになったのですが、いよいよ実現することができそうです。

海外の競馬を実際に目で見て体感し、しっかり学んで来ると共に、馬文化の違うヨーロッパの環境の中で、改めて“馬”についても基本的なことから知っていきたいと思います」と、決意を語った。

野中騎手の受け入れ先は、ジョニー・ムルタ厩舎。

ムルタ師はジョッキー時代、シンダーの主戦として英ダービー、愛ダービー凱旋門賞などを制するなど活躍。2011年のワールドスーパージョッキーズシリーズで総合優勝し、日本の競馬ファンの前でもその姿を披露している。

 遠征の期間は3月19日から10月末を予定。



スポンサードリンク
posted by 競馬王 at 12:46 | 東京 ☀ | Comment(0) | 競馬関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。


人気記事
RDF Site Summary
RSS 2.0
RSS取得
仲良く遊んでいます
北海道展
桃花林特製肉まんあんまん通販お取り寄せ…
RFマイクロエレクトロニクス イランの電…
お月見