2018年07月20日

サトノアレスが仏G1挑戦を断念

3B1C7294-7A8F-46B5-86C4-A4DCB2FF7BC9.jpg

16年の2歳チャンピオンで、今年の安田記念で4着に好走したサトノアレス(牡4歳、美浦・藤沢和雄厩舎)が20日、体調不良のため、次戦に予定していたジャックルマロワ賞・仏G1(8月12日・ドーヴィル、芝直線1600メートル)への挑戦を見送ることが決まった。

藤沢和師は「ここまで来て残念だけど、来週には検疫厩舎に入らなければいけないから。日程的にも無理はできない。直線競馬の1600メートルは合うと思っていたし、楽しみにしていたんだけどね。放牧に出して秋に備えます」と説明。今後は茨城県のミホ分場へ放牧に出され、秋に備える。







スポンサードリンク
posted by 競馬王 at 13:27 | 東京 ☁ | Comment(0) | 競馬関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。


人気記事
RDF Site Summary
RSS 2.0
RSS取得
Silicon Valley Academy of Arts
ティアラさんで
タピオカ
マーティン・フリードマン先生講習会
台湾のかき氷!