2018年07月20日

能力紙一重の大接戦、ハンデ比較は意味を持たない/白河特別



◆コース適性がある“芦毛の牝馬”に注目

夏の「福島→新潟」計20日間の開催のうち、1000万特別がメインレースになるのはこの日だけ。つまり、関東圏の本開催扱いで1000万特別が11Rとして行われるのは、1年間にこの「2回福島7日目」だけである。


ふつう、1000万特別とはいえフルゲート16頭ともなれば、ハンデ「55〜57」キロが妥当となる馬が最低でも3〜4頭はいるものだが、7歳エルカミーノレアルが55キロ。54キロの牡馬が4頭いて、以下はみんな「50〜53」キロとなったハンデ戦。


良くいえば、能力紙一重の大接戦。ふつうに形容すると、メインを飾る1000万条件の特別とすると「しかし、そのレベルは…」という力関係を示している。


昨年の白河特別もたまたま同じようなハンデの組み合わせになり、結果は「52,50,53」キロの軽ハンデ馬の決着。わずか12頭立てなのに、3連単は60万円台だった。



今年は、軽ハンデ53キロ以下の馬が11頭もいる。ハンデ比較はあまり意味を持たず、その馬にとってどのくらい軽いかがポイントか。



スポンサードリンク
posted by 競馬王 at 21:31 | 東京 ☀ | Comment(0) | 競馬関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。


人気記事
RDF Site Summary
RSS 2.0
RSS取得
Silicon Valley Academy of Arts
ティアラさんで
タピオカ
マーティン・フリードマン先生講習会
台湾のかき氷!