2018年07月29日

【英・キングジョージ】ポエッツワードがマッチレース制しV、スタウト師は管理馬ワンツーでレース6勝目!

28日、イギリスのアスコット競馬場で行われたキングジョージ6世&クイーンエリザベスS(G1・芝2400m・7頭は)、後方からレースを進めたJ.ドイル騎手騎乗のポエッツワード(牡5、英・M.スタウト厩舎)が、3番手から抜け出したW.ビュイック騎手騎乗のクリスタルオーシャン(牡4、英・M.スタウト厩舎)との、完全に後続を離したマッチレースをクビ差制し優勝した。勝ちタイムは良馬場で2.25.84。


3着はクリスタルオーシャンから9馬身離れてO.ペリエ騎手騎乗のコロネット(牝4、英・J.ゴスデン厩舎)が入った。なお、欧州の古馬王者・クラックスマン(牡4、英・J.ゴスデン厩舎)は、馬場状態次第で出走の可能性があったが、良馬場となったことにより回避した。


ポエッツワードは父Poet's Voice母Whirly Birdその父Nashwanという血統。G1ではいまいち勝ち切れないレースが続いていたが、前走のプリンスオブウェールズS(G1・芝2000m)でクラックスマンを破りG1初制覇、さらに今回の勝利で大レースを連勝と本格化を迎えた。通算成績は16戦7勝。また、同馬を管理するマイケル・スタウト師はこのレース6勝目となった。




スポンサードリンク
posted by 競馬王 at 12:08 | 東京 🌁 | Comment(0) | 競馬関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。


人気記事
RDF Site Summary
RSS 2.0