2018年10月13日

【秋華賞】アーモンドアイ 微調整で万全 国枝師は武者震い「緊張するわな」

341DEAE9-5B59-4DCE-93EF-CB2F6429B74D.jpg

秋華賞・G1」(14日、京都)

史上5頭目の牝馬三冠制覇が懸かるアーモンドアイは12日朝、厩舎周りの引き運動のみで調整を終えた。国枝師は「きょうはイライラしているからな」と調整の意図を説明。あくまで無事に輸送をクリアするための策の一つとみて良さそうだ。

 
注目の枠順は6枠11番に決定。最近10年で5着が最高着順(13年リボントリコロール)だが、「枠はよし。外の馬が行って、その後ろにつけられれば。あとはスムーズに流れてくれた方が楽」と理想のレース展開を描く。


10年アパパネ以来、2度目の快挙に挑む名伯楽は「年を重ねて経験を積んでいるから。それでも緊張はするわな」と武者震いしていた。


スポンサードリンク
posted by 競馬王 at 11:17 | 東京 ☁ | Comment(0) | 競馬関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。


人気記事
RDF Site Summary
RSS 2.0