2018年10月15日

【菊花賞】混戦ムードの牡馬クラシック最終戦/JRAレースの見どころ

5C52DFF8-0429-45E7-AD07-09A68E70526F.jpg

 
ダービーワグネリアンの不在で混戦ムードが漂う、牡馬クラシック最終戦・菊花賞。果たして最後の1冠を手にするのはどの馬か。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■10/21(日) 菊花賞(3歳・牡牝・GI・京都芝3000m)

 
エポカドーロ(牡3、栗東・藤原英昭厩舎)は皐月賞制覇、日本ダービー2着とここで最上位の実績を誇る。前哨戦の神戸新聞杯は4着に終わったが、これはスタート直後に躓いて後方からのレースになってしまったため。本来の競馬ができれば巻き返しは必至だろう。

 
ブラストワンピース(牡3、美浦・大竹正博厩舎)は日本ダービー5着後に臨んだ新潟記念で古馬を一蹴。能力の高さと成長ぶりを見せつけた。そこからの菊花賞直行という異例のローテーションだが、調教の動きは良く問題にはならないだろう。スムーズさを欠いたダービーの雪辱を果たし、最後の1冠を手にできるか。

 
エタリオウ(牡3、栗東・友道康夫厩舎)は13番人気だった日本ダービーで4着と好走し、休み明けの神戸新聞杯でもワグネリアンに1/2馬身差の2着まで迫った。勝ち切れない面はあるものの能力は高く、距離延長も問題はなさそう。好勝負を期待したい。

 
その他、セントライト記念を制したジェネラーレウーノ(牡3、美浦・矢野英一厩舎)、神戸新聞杯3着のメイショウテッコン(牡3、栗東・高橋義忠厩舎)、セントライト記念3着のグレイル(牡3、栗東・野中賢二厩舎)、J.モレイラ騎手とコンビのグロンディオーズ(牡3、美浦・田村康仁厩舎)なども戴冠を狙う。発走は15時40分。


スポンサードリンク
posted by 競馬王 at 12:26 | 東京 ☁ | Comment(0) | 競馬関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。


人気記事
RDF Site Summary
RSS 2.0