2018年11月06日

【エ女王杯】カンタービレ女王奪取だ 辻野助手「この馬らしさ出てきた」

21874E4D-F91C-47A2-9C5F-D635585C48A8.jpg

エリザベス女王杯・G1」(11日、京都)

 
下は3歳から上は8歳まで、幅広い世代が顔をそろえた最強牝馬決定戦。ディープインパクト産駒カンタービレは、ローズSを制し、秋華賞は三冠牝馬アーモンドアイの3着。ここでG1タイトル奪取なるか。

 
辻野助手は「前走はG1でしっかりと馬をつくったので、中間はまず疲れを取ることを考えて調整。1週前は単走でサッと。秋は2戦使っていますし、もう大きな負荷もいりませんから。この馬らしさは出てきました」と好感触を伝える。

 
1週前追い切りは栗東坂路で4F53秒4-12秒3(G強め)。テンからスムーズに折り合い、ラストはスパッと切れた。出来は高いレベルで安定している。

スポンサードリンク
posted by 競馬王 at 11:21 | 東京 🌁 | Comment(0) | 競馬関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。


人気記事
RDF Site Summary
RSS 2.0