スポンサードリンク

2015年06月14日

ヴァンセンヌは宝塚記念に出走するのか?


 

安田記念2着馬で、11日に宝塚記念(28日・阪神、芝2200m)への参戦プランが明らかになったヴァンセンヌは、出走する場合、引き続き福永とコンビを組む。 


12日は乗り運動を行い、松永幹師は「登録はしますが、きょう1日では決められないので、(出否は)来週以降に決定します。


乗った感じは全く問題なかったです」と説明した。
posted by 競馬王 at 13:05 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月26日

レーヴミストラル 日本ダービー


 

青葉賞を快勝したレーヴミストラルの1週前追い切りは、川田を背に栗東CWを馬なりで追われ、1F12秒1(道中はモヤのため計時不能)。3頭併せの外で推進力に富む動きを披露した。

来年2月末で定年を迎える名将・松田博師にとっては“ラストダービー”。目下3連勝中の勢いで一気に頂点を目指す。指揮官は「今は能力だけで走っている。

来年になったらもっと良くなると思うけどな」と晩成タイプを強調するが「潜在能力はかなりのモノがある」と素質を高く買っている。血統馬の底力に注目だ。

 

皐月賞2着の雪辱を期すリアルスティールは、ドゥラメンテとの再戦へ向けて準備万端。24日には福永を背に栗東CWで調整し、左回りのフォームをチェックした。

タイムは6F80秒8-11秒8(強め)。


準オープンの僚馬に並ぶ間もなく2馬身先着した内容に「キャンターを下ろしてから何頭かに抜かれましたが、気負うこともなく、手前の変え方もスムーズ。


問題はないですね」と柿崎助手は笑顔。東京芝2400mでの逆転を描いた。
posted by 競馬王 at 20:49 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月12日

ハープスターがキングカメハメハと交配

もう一度見たい鳥肌がたった競馬レース

 



先日引退した昨年の桜花賞ハープスター(牝4)が、10日にキングカメハメハと交配したことがわかった。


同馬は右前繋靭帯炎と右前種子骨靭帯炎を併発したため、7日にキャロットクラブのホームページで現役引退が発表されたばかりだった。


無事に受胎、出産となれば、その産駒は早ければ2018年に競走馬としてデビューすることとなる。
posted by 競馬王 at 09:43 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気記事
    スポンサードリンク