2016年05月15日

ミッキークイーンが1番人気


 15日に東京競馬場で行われる、第11回ヴィクトリアマイル(4歳上・牝・GI・芝1600m・1着賞金9300万円)の前日オッズがJRAより発表された。

 単勝オッズ1番人気には、昨年のオークス秋華賞を制した2冠牝馬ミッキークイーン(牝4、栗東・池江泰寿厩舎、3.4倍)が支持された。

 続いての2番人気は昨年のジャパンCを制したショウナンパンドラ(牝5、栗東・高野友和厩舎、5.1倍)、3番人気は東京新聞杯阪神牝馬Sと連勝中のスマートレイアー(牝6、栗東・大久保龍志厩舎、7.4倍)となった。

 以下、前走は落鉄で2着だったルージュバック(牝4、美浦・大竹正博厩舎、8.8倍)、ダービー卿CTで牡馬を破ったマジックタイム(牝5、美浦・中川公成厩舎、9.2倍)、京都牝馬Sで重賞2勝目を挙げたクイーンズリング(牝4、栗東・吉村圭司厩舎、11.7倍)と続いている。各馬の単勝オッズは以下の通り。

 左から馬番、馬名、オッズ

10 ミッキークイーン 3.4
15 ショウナンパンドラ 5.1
02 スマートレイアー 7.4
07 ルージュバック 8.8
06 マジックタイム 9.2
12 クイーンズリング 11.7
13 ストレイトガール 12.8
18 ショウナンアデラ 26.3
11 レッツゴードンキ 26.4
03 シャルール 33.9
16 シュンドルボン 36.6
01 ウインプリメーラ 41.4
04 ウリウリ 49.1
09 カフェブリリアント 53.5
14 ウキヨノカゼ 60.7
08 メイショウマンボ 62.3
17 トーセンビクトリー 84.7
05 レッドリヴェール 85.6

 その他、馬連は10-15が8.0倍、馬単は10-15が15.8倍、3連複は02-10-15が17.3倍、3連単は10-15-02が61.3倍でそれぞれ1番人気となっている。

※出馬表・成績・オッズ等は主催者発表のものと照合してください。


posted by 競馬王 at 01:10 | TrackBack(0) | レース情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月28日

キタサンブラック逃げてもいい

清水久詞調教師が「行く馬がいなければ逃げてもいい」と語るキタサンブラック(写真は2015年スプリングS優勝時、撮影:下野雄規)


北島三郎のキタサンブラックが菊花賞でG1制覇



■栗東

1枠1番 キタサンブラック
「枠はそんなに気にはしていなかったが、大外になるよりはずっといい。ハナにはこだわらないが、自在性があるので行く馬がいなければ逃げてもいい」(清水師)

1枠2番 トゥインクル
「欲をいえば真ん中がよかった。ゲートは遅いけれど気になるほどではありません」(牧田師)

2枠3番 カレンミロティック
「いい枠だと思う。昨年も内から3着にきたしね。自分のペースで競馬ができれば」(平田師)

4枠7番 ファタモルガーナ
「偶数がよかったが仕方ない」(荒川師)

4枠8番 シュヴァルグラン
「この枠なら、スタート次第でどの位置につけるかを選びやすいですね。追い切り後もテンションも上がり過ぎず、いい状態です」(大江助手)

5枠9番 トーホウジャッカル
「内のほうがいいけれど、ここならまぁまぁいいところですね」(谷師)

7枠14番 サトノノブレス
「外めですが、内をみながらいい位置につけて揉まれない競馬ができるといいですね。調教では抜群の動きです」(川合助手)

7枠15番 サウンズオブアース
「スタートが上手なのでうまくどこかで内に潜り込めればいいですね」(藤岡師)

8枠18番 レーヴミストラル
「自分のリズムで走れるかどうかですね」(高野師)

(取材・文:花岡貴子)

■美浦

3枠5番 フェイムゲーム 宗像調教師
「5番は初めてですね。これまでは極端な枠が多かったので、良かったです。偶数枠ならなお良かったですが、この枠なら良いでしょう」

5枠10番 アルバート 橋本調教助手
「枠は特にこだわりはなかったですが、決まった枠で調教師とジョッキーが作戦を立てることになると思います」

6枠11番 タンタアレグリア 国枝調教師
「内の方が良かったですけど、決まった以上は仕方ないですし、頑張るしかないですね。鞍上は日本一のジョッキーだし、長い距離は任せられます」

7枠13番 マイネルメダリスト 田中(清)調教師
「8歳ですから大きな上積みはないですが、ゲートも悪くないですし、枠はどこでも良かったです。明日1本乗ってから、夜出発します」

8枠17番 ゴールドアクター 中川調教師
「できれば内枠が良かったですけど、仕方ないですね。最近のGIは外枠でも勝っていますしね。スタートが良い馬なので、奇数枠は関係ありません」


posted by 競馬王 at 23:50 | TrackBack(0) | レース情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月09日

藤田菜七子 福島へ

 
JRA初勝利へ好機を迎えた。藤田菜七子は土曜に中山で過去最多の9鞍、日曜は自身初となる福島へ遠征して7鞍に騎乗する。

「福島は乗ったことがないコースなので、しっかりと勉強したい」と意気込んだ。

 
なかでも注目は日曜福島9Rのサニーデイズだ。近4走は(2)(2)(3)(2)着の実力馬。

最終追いに騎乗し、「持ったままでいい動きでした」と好感触を抱いた。


管理する相沢師の弟子・石川が藤田菜七子の所属する根本厩舎の馬(ニシノソラカラ)でデビュー初Vを決めており、“恩返し”のドラマが見られるかもしれない。
posted by 競馬王 at 01:12 | TrackBack(0) | レース情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月21日

シュヴァルグラン 阪神大賞典勝利


 
20日、阪神競馬場で行われた阪神大賞典(4歳上・GII・芝3000m)は、中団後方でレースを進めた福永祐一騎手騎乗の1番人気シュヴァルグラン(牡4、栗東・友道康夫厩舎)が、


2周目3〜4コーナーで外から先団に取り付いて、直線で力強く抜け出し、中団から伸びた4番人気タンタアレグリア(牡4、美浦・国枝栄厩舎)に2.1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは3分5秒8(良)。

さらに3馬身差の3着に3番人気アドマイヤデウス(牡5、栗東・橋田満厩舎)が入った。なお、2番人気トーホウジャッカル(牡5、栗東・谷潔厩舎)は7着に終わった。

勝ったシュヴァルグランは、父ハーツクライ母ハルーワスウィートその父Machiavellianという血統で、これが重賞初制覇。また、本馬はこの勝利で5月1日に京都競馬場で行われる天皇賞・春の優先出走権を獲得した。

【勝ち馬プロフィール】
シュヴァルグラン(牡4)
騎手:福永祐一
厩舎:栗東・友道康夫
父:ハーツクライ
母:ハルーワスウィート
母父:Machiavellian
馬主:佐々木主浩
生産者:ノーザンファー
通算成績:12戦5勝(重賞1勝)



posted by 競馬王 at 00:29 | TrackBack(0) | レース情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月20日

アドマイアダイオウが3連勝


19日、阪神競馬場で行われた若葉S(3歳・OP・芝2000m)は、スタート後は中団につけ、レース半ばで一気に2番手まで上がったM.デムーロ騎手騎乗の1番人気アドマイヤダイオウ(牡3、栗東・友道康夫厩舎)が、


直線に入って一旦は後方から捲ってきた2番人気ナムラシングン(牡3、栗東・高野友和厩舎)に前に出られたものの、ゴール前でこれを差し返し、ハナ差先着して優勝した。勝ちタイムは2分2秒2(稍重)。

 
さらに8馬身差の3着に5番人気ゼンノタヂカラオ(牡3、栗東・中内田充正厩舎)が入った。なお、3番人気ノガロ(牡3、栗東・音無秀孝厩舎)はゼンノタヂカラオと1/2馬身差の4着に終わった。

勝ったアドマイヤダイオウは、父ディープインパクト母アドマイヤマリンその父クロフネという血統。新馬戦は3着に敗れたものの、続く未勝利戦・梅花賞・本レースと3連勝を決めた。


また、本馬及び2着のナムラシングンは、4月17日に中山競馬場で行われる皐月賞の優先出走権を獲得した。

【勝ち馬プロフィール】
アドマイヤダイオウ(牡3)
騎手:M.デムーロ
厩舎:栗東・友道康夫
父:ディープインパクト
母:アドマイヤマリン
母父:クロフネ
馬主:近藤利一
生産者:ノーザンファー
通算成績:4戦3勝



posted by 競馬王 at 00:56 | TrackBack(0) | レース情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク
人気記事
    最近の記事