スポンサードリンク

2017年05月22日

【オークス】掛け値なしの好タイム!終わってみれば“サウスポー”ソウルの1強

3651B255-8EB1-48D1-B354-1577B247E67B.jpg

オークスを制したソウルスターリング(中)鞍上のC.ルメール騎手はナンバー1ポーズで観客にアピール=東京競馬場




オークス・G1」(21日、東京)


V時計は歴代2位の2分24秒1がマークされた。12年ジェンティルドンナ=2分23秒6は前半5F59秒1のハイペースに引っ張られた側面もあるが、今年は同61秒7。


掛け値なしに優秀で、数字的には過去最高レベルの評価を与えていい。



東京芝コースは前日から速い上がりのレースが目立ったように、先行有利の馬場状態が味方したのも事実。


とはいえ、ラスト4Fを全て11秒6以下のラップにまとめた走りは非の打ち所がなく、ゴール前は2着馬との差をさらに広げる脚色だった。現3歳世代でポテンシャルは一枚抜けていたということだろう。


振り返れば2歳時のアイビーSで皐月賞2着馬ペルシアンナイトに完勝。勝ったとはいえ、阪神のチューリップ賞は直線で右にヨレていた。左回りは圧倒的なパフォーマンスで2戦2勝。


本質的にはサウスポーの可能性もある。超一流の血統背景を基盤とした能力面に馬場、適性と全てが融合。“1強”競馬となったのは、至極当然の結果と言えるかもしれない。

posted by 競馬王 at 00:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月21日

【オークス】リスグラシュー無事輸送クリア 名手・武豊の手腕に期待

CAE8633A-2EE3-48D5-930B-855C4B8D216A.jpg


オークス・G1」(21日、東京)


桜花賞2着のリスグラシューは20日午後4時前に府中入り。出張馬房へ愛馬の様子を確認しに来た矢作師は「いつも通りだね。


多少汗はかいているけど、渋滞も30分ぐらいで済んだみたいだしね。極端なイレ込みもない」と胸をなで下ろした。



事前発表馬体重は448キロで前走比12キロ増だったが、「レースではマイナスになるだろうね。


ただ430キロぐらいならいいと思っている。あとはジョッキーに任せるだけ」と武豊の手腕に期待した。


posted by 競馬王 at 13:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ソウルスターリングが2.5倍で1番人気/オークス前日オッズ

A0835249-E03A-47FD-9D7F-A71D4B5C14F7.jpg

21日に東京競馬場で行われる、第78回オークス(3歳・牝・GI・芝2400m・1着賞金1億円)の前日オッズがJRAより発表された。

 
単勝オッズ1番人気には、桜花賞3着からの巻き返しを期す2歳女王ソウルスターリング(牝3、美浦・藤沢和雄厩舎、2.5倍)が支持された。


続いての2番人気は桜花賞2着のリスグラシュー(牝3、栗東・矢作芳人厩舎、4.7倍)、3番人気はクイーンCを勝ったアドマイヤミヤビ(牝3、栗東・友道康夫厩舎、6.1倍)となった。



以下、フローラSで3着のフローレスマジック(牝3、美浦・木村哲也厩舎、13.0倍)、桜花賞レーヌミノル(牝3、栗東・本田優厩舎、14.0倍)、3連勝でフローラSを制したモズカッチャン(牝3、栗東・鮫島一歩厩舎、14.4倍)と続いている。各馬の単勝オッズは以下の通り。



左から馬番、馬名、オッズ

02 ソウルスターリング 2.5
14 リスグラシュー 4.7
16 アドマイヤミヤビ 6.1
03 フローレスマジック 13.0
13 レーヌミノル 14.0
01 モズカッチャン 14.4
08 ホウオウパフューム 20.3
07 ディアドラ 25.1
10 ブラックスビーチ 26.0
06 ハローユニコーン 34.8
15 ヤマカツグレース 46.6
04 ミスパンテール 51.9
17 カリビアンゴールド 58.1
05 モーヴサファイア 59.8
11 レッドコルディス 79.8
18 マナローラ 115.3
09 ディーパワンサ 181.3
12 ブラックオニキス 205.5

その他、馬連は02-14が6.9倍、馬単は02-14が10.1倍、3連複は02-14-16が9.6倍、3連単は02-14-16が31.7倍でそれぞれ1番人気となっている。

※出馬表・成績・オッズ等は主催者発表のものと照合してください。


posted by 競馬王 at 01:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月19日

【オークス】鮫島師「チャンス」3頭出しで悲願のG1初制覇、夢の実現へ

 「オークス・G1」(21日、東京)

開業18年目を迎えた鮫島一歩調教師(63)=栗東=が、3頭出しで悲願のG1初制覇を狙う。フローラSを勝ったモズカッチャンを筆頭に、忘れな草賞Vのハローユニコーン、デイジー賞で2勝目を挙げたマナローラがスタンバイ。


02年のユウキャラット(3着)でつかめなかった樫のタイトルを獲りにいく。なお、出走馬18頭と枠順が確定。馬券は20日に前日発売される。



個性の異なる3頭で、念願のG1初Vに挑む。3連勝でフローラSを制し、鮫島師が「どんな競馬でもできる」と期待を寄せるモズカッチャン忘れな草賞の覇者で「折り合えば切れる脚を使う」と自信を持つハローユニコーン


そして、デイジー賞で2勝目を挙げた「成長度では一番」と胸を張るマナローラ桜花賞組と別路線を歩み、力をつけた3頭が既成勢力との逆転を狙う。



開業18年目。重賞21勝を挙げているが、まだG1には手が届いていない。「馬に合わせて調整しているだけだから。早くから走る馬もいれば、8歳で重賞を勝ったキングトップガンみたいな馬もいるしね」。


今回の3頭出しも、馬優先で調整してきた結果。その指針が揺らぐことはない。



樫の舞台はユウキャラットで挑んだ02年の3着が最高着順。「あの時も忘れな草賞を勝って人気(2番人気)したけど、ハナに行けなくて。悔やまれる結果。リベンジしたいね」と静かに燃えている。



「G1で2着が3回。なかなか獲らせてもらえないけど、今回はチャンスだと思う。クラシックで3頭出しもなかなかないこと。何とか頑張ってタイトルを獲りたい」と師。


過去に3頭出しでオークスに臨んだケースは2回あるが、いずれも勝ち馬を輩出しており、データも勝利を後押しする。3頭それぞれが死力を尽くし、鮫島厩舎の夢を実現する。


posted by 競馬王 at 22:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プリメラビスタ、ビワハイジ最後の子 池添学師「さすが良血」期待大

5DC37239-3F8D-4AE1-9C94-9CC247E6DF25.jpg
母ビワハイジ 父オルフェーヴル


G16勝馬ブエナビスタなどを世に送り出したビワハイジの最後の子として注目されるのが、プリメラビスタ(牝、父オルフェーヴル)だ。「最初は小柄でしたが、ここにきてすごく良くなった。今は440キロくらいありそう。さすが良血」と池添学師も期待大だ。


そのブエナビスタを母に持つのが、ソシアルクラブ(牝、父キングカメハメハ)。「(全姉の)コロナシオンより、体もしっかりしているし、扱いやすそう。すごく順調です」と楽しみにする。

 
今年のフェブラリーSを制したゴールドドリームの半妹ミステールヴェール(牝、父ヘニーヒューズ母モンヴェール)には「筋肉質でダート馬って感じはしますね。硬さが出ないようにじっくりとやっていきたい」とのジャッジだ。

 
ヤマカツケンザン(牡、父クロフネ母ヤマカツオーキッド)はヤマカツライデンの半弟。「早い時期から走れて、かつ成長力もある。馬格がある方が走る血統。この馬も500キロくらいあります」。夏デビューを予定している。


posted by 競馬王 at 12:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気記事
    スポンサードリンク