スポンサードリンク

2017年06月24日

【宝塚記念】サトノクラウン仕上がり合格点 世界レベルの走りでG1優勝狙う

DE98C11B-E523-4ECD-A3C6-477A63004BCC.jpg

宝塚記念・G1」(25日、阪神)

フレッシュな状態で上半期の大一番へ向かう。23日朝に出発したサトノクラウンは昼過ぎに阪神競馬場入り。「先週の追い切りでは気を抜くしぐさを見せていた。


今週も若さをのぞかせていましたが、メニューはこなしていますからね。元気です」と森助手は仕上がりに合格点を与える。



力を出し切った際の走りは世界レベル。同期のキタサンブラックにひと泡吹かせたい。



posted by 競馬王 at 13:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月22日

【宝塚記念】サトノクラウン雪辱へGO格点 動き軽快!堀師「自分との戦い」

BE8D5F29-60B4-42B6-94C7-83DEB73090E5.jpg

宝塚記念・G1」(25日、阪神)

 
雪辱の舞台へ、サトノクラウンは精神面に重点を置いて慎重に仕上げられた。


時折、小雨の交じる美浦トレセンで21日、注目の最終リハはWで単走。



馬の行く気に任せるように適度に気合を乗せながら、4コーナーから直線へ。鞍上の派手なアクションもなく、軽快なフットワークのままゴール板を駆け抜けた。


5F70秒1-40秒7-12秒8。堀師は「暑い時季はあまりやりたくないし、しっかりと気持ちを乗せたかったので、内容的には良かったですね」と合格点を与えた。



昨年は6着に敗れた。「暑さに弱い馬で、それに昨年は香港(クイーンエリザベス2世C=12着)帰りだった。


今年はここまで過ごしやすいし、昨年よりはいい状態で出られます」と仕上がりの良さには太鼓判を押したが、「追い切り後も、いろいろとメンタルな面が大事になってくる馬。そのあたりが鍵になる」と言葉を続けた。


昨年暮れの香港ヴァーズで待望のG1を奪取し、続く京都記念もV。連勝の勢いで臨んだ前走の大阪杯は6着。


「結果的に追い切りがピークになってしまった感じ。パドックや返し馬では覇気がなかった。輸送も渋滞が誤算だった」と振り返る。



近2走で手綱を取るM・デムーロは「内回りがどうかな。前走で(内回りを)初めて乗ったけど、少し忙しく感じた。ただ馬場が悪くなるのは問題ない」と、課題を挙げつつも下り坂の天気を歓迎する。「とにかく自分との闘いになる。


そこが重要。全てがかみ合えば(キタサンブラックも)負かすこともできると思う」と指揮官。追い切り後のケアと輸送、そして当日の気配。ゲートインまで懸命な調整が続く。

posted by 競馬王 at 13:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月17日

武豊騎手、函館参戦 藤沢和雄厩舎と4年振りのコンビ

D13B3749-9C05-4CBE-A05A-67507E7916A5.jpg

今週末から開幕する函館開催に武豊騎手が参戦。今年の日本ダービーオークスを制した藤沢和雄厩舎とのコンビが土曜、日曜で計6鞍組まれている。


武豊騎手藤沢和雄調教師のコンビは約4年振りで、2013年7月27日小倉11Rのダノンゴールドで1着になって以来。過去にはダンスインザムードに騎乗してGI・桜花賞(2004年)を勝利している。これまで計77鞍の出走があり1着19回、勝率24.7%と相性も抜群。昨年の函館競馬の開幕日に武豊騎手は4勝を挙げており、あと3つに迫ったJRA通算3900勝を今週末に達成できるか、こちらにも注目が集まる。


また武豊騎手の弟で、今年の2月で騎手を引退し調教師に転身した武幸四郎技術調教師は、現在、藤沢和雄厩舎で研修しており、パドックやウイナーズサークルでの2人の共演にも期待したい。



武豊騎手藤沢和雄厩舎コンビでの出走馬は以下の通り。



▼17日(函館競馬場)
08R ダノンキャップ
11R カービングパス
12R ミネット

▼18日(函館競馬場)
05R マリームーン
06R ケイパーストーリー
09R シュネーバル



posted by 競馬王 at 01:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月15日

マカヒキ毎日王冠から始動 今秋は天皇賞とJCを目標に

319A3035-431E-4A0E-9356-7B660110FFE6.jpg

大阪杯4着後、宝塚記念を回避した昨年のダービーマカヒキ(牡4歳、栗東・友道)が、毎日王冠(10月8日・東京)から始動することが14日、分かった。

現在、同馬は福島県のノーザンファーム天栄(福島県)に放牧中。「いつでも本格調教ができる態勢。もう海外へは行きません」と友道師。今秋は天皇賞・秋(10月29日・東京)、ジャパンC(11月26日・東京)を大目標にしていく。

 
なお、僚馬で目黒記念2着のヴォルシェーヴ(牡6歳、栗東・友道)も毎日王冠参戦を予定する。


posted by 競馬王 at 10:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気記事
    スポンサードリンク