スポンサードリンク

2017年10月07日

ソウルスターリングが2.0倍で1番人気/毎日王冠前日オッズ

71DA4F6E-B1E6-4256-9398-4EF08AF18777.jpg


8日に東京競馬場で行われる、第68回毎日王冠(3歳上・GII・芝1800m)の前日オッズがJRAより発表された。

単勝オッズ1番人気には、今年のオークスソウルスターリング(牝3、美浦・藤沢和雄厩舎、2.0倍)が支持された。各馬の単勝オッズは以下の通り。

左から馬番、馬名、オッズ

01 ソウルスターリング 2.0

06 マッチレスヒーロー 274.9

※出馬表・成績・オッズ等は主催者発表のものと照合してください。






posted by 競馬王 at 22:26 | Comment(0) | 競馬関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月06日

昨年の高松宮記念覇者ビッグアーサーが引退

C37D9860-016F-4ACF-8A12-D5930C918467.jpg

5日、昨年の高松宮記念(GI)を優勝したビッグアーサー(牡6、栗東・藤岡健一厩舎)が引退することがわかった。

 
同馬は昨年の香港スプリント10着後、連覇を狙って今年の高松宮記念(GI)に出走予定だったが左前脚の筋挫傷で回避。夏場を休養にあてセントウルS(GII)で復帰予定も、今度は左前脚の蹄球部に痛みが出て出走を見送っていた。


ラストランは9カ月半ぶりの出走となった10月1日のスプリンターズS(GI)で結果は6着。今後はアロースタッド(北海道新ひだか町)で種牡馬になる予定。


父サクラバクシンオー母シヤボナ(母父Kingmambo)という血統。2014年4月13日福島6R・3歳未勝利でデビュー勝ち。その後も休養を挟みながら5連勝を達成。


重賞で惜しい結果が続いていたが、2016年高松宮記念で重賞初制覇とともにGI初制覇を成し遂げた。通算成績は15戦8勝(うち重賞2勝)。



posted by 競馬王 at 00:22 | Comment(0) | 競馬関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月04日

【毎日王冠】マカヒキ春の雪辱へ気合 宝塚記念回避がプラスに

7C9999CA-473B-41D7-8611-2ED9A3AADEC8.jpg


毎日王冠・G2」(8日、東京)


大阪杯4着後、放牧に出ていたマカヒキ宝塚記念を見送ったことが、プラスに働きそうだ。大江助手は「カイバ食いが良く、毛ヅヤもいいですよ。春と違って良くなっています」と仕上がりは順調だ。  


今春は3・4着と成績的にはいまひとつだっただけに「春も大きくは負けていない。日本ダービー馬として勝つ姿を見せたいですね」と期待を込めていた。


posted by 競馬王 at 15:26 | Comment(0) | 競馬関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月26日

藤田氏は騎手復帰ならず 1次試験不合格で完全引退「もう受けるつもりはない」

5894AD7E-CCCE-4A89-BAFD-34F0CDF8ECC7.jpg


NARの騎手免許1次試験の合否結果が25日に判明。元JRA騎手の藤田伸二氏(45)が突破できなかったことが、デイリースポーツの取材で分かった。



ホッカイドウ競馬での騎手復帰を目指し、15日に筆記による1次試験を受験。「電話で不合格と連絡があった」と明かした藤田氏は、「競馬に乗ることには自信があっても、こうやって筆記試験を受けるのは約30年ぶり。実際、難しかったから」と話した。



15年9月の電撃引退から2年。「生まれ故郷の北海道で、お世話になったオーナーに恩を返すために騎手として復帰して、ファンが喜んでくれて盛り上がれば」と再デビューを目指した経緯を語っていたが、吉報は届かなかった。



「今回の1回だけで、もう受けるつもりはない」と復帰を潔く諦めることも明かし、「応援してくれた人たちには“ありがとう”と言いたい」と感謝の言葉で結んだ。






posted by 競馬王 at 13:17 | Comment(0) | 競馬関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月19日

【2歳未勝利】タニノフランケル 2戦目で圧巻初V 怪物×名牝ウオッカの超良血

A14C71C2-78F5-4136-A2E2-AF28317609C4.jpg


「2歳未勝利」(18日、阪神)

 
名牝ウオッカの4番子、タニノフランケル(牡2歳、栗東・角居)がデビュー2戦目で初勝利。ハナを奪うと、追うところなしの馬なりで後続を振り切った。


「スタートが上手なので無理せず、逆らわずに。楽なペース、楽な雰囲気だった」と福永は満足そう。14戦無敗の“怪物”フランケル産駒。「いいですね。いい体の使い方をする」と、父母合わせて17冠の超良血馬に目を細めていた。


posted by 競馬王 at 10:41 | Comment(0) | 競馬関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気記事
    スポンサードリンク