2016年12月19日

【朝日杯FS】止まらぬサトノ旋風!サトノアレス豪脚さく裂

 直線で一気に抜け出したサトノアレス(右)

朝日杯FS・G1」(18日、阪神)

今週も名門厩舎の才気あふれる若駒が魅せた。6番人気サトノアレスが豪脚をさく裂させてV。


先週の阪神JFソウルスターリングで制した藤沢和師は史上初となる同一年の牡・牝2歳G1連勝を達成、鞍上の四位は10年高松宮記念キンシャサノキセキ)以来のG1戴冠となった。



2着に7番人気のモンドキャンノ、3着は12番人気ボンセルヴィーソ。36年ぶりの牝馬Vを狙った1番人気のミスエルテは4着に敗れた。



関東の名門・藤沢和厩舎から2週連続でスター候補が誕生した。道中は中団後方で折り合いに専念したサトノアレス


直線で一気に先頭に立つと、外から迫るモンドキャンノの強襲を半馬身しのいでV。未勝利から3連勝で2歳王者の座に立った。


先週の阪神JFに続く2歳G1連勝となった藤沢和師は、満面の笑みで愛馬を出迎える。「想像以上だったね。


今回はいつになく落ち着いていたし、体も増えていた(4キロ増)から余裕を持って見ていられたよ」。同一トレーナーが同一年の阪神JF朝日杯FSを制したのは史上初。


さらに、これで歴代単独トップに立つJRAG1・24勝目をマーク。記録ずくめの勝利に笑いが止まらない。

 

ベテランが初騎乗で完璧なエスコートを見せた。だが殊勲の四位は控えめに話す。「僕は何もしていないです。


普通にゲートを出てからジッとして、4角で外に出したら馬が勝手に伸びました。勢いのある厩舎とオーナーにあやかりました」と謙遜。それでも自身にとっては10年高松宮記念キンシャサノキセキ)以来、6年9カ月ぶりのG1勝利。


「うれしい。泣きそう」と思わず目を潤ませた。

 

今後の目標は当然、来春のクラシック。鞍上が「来年は大きいところを狙える。


てっぺんまで行く可能性もある」と活躍に太鼓判を押す。一方のトレーナーは「1600メートルが上手な馬なので、もう少し長い距離を走れるようにしたい。


まあ折り合いがいい馬なので大丈夫でしょう」。“競馬界の七不思議”とも言われる名門厩舎の牡馬クラシック未勝利からの脱出、そして悲願のダービー制覇へ意欲を見せる。

 

牝馬のソウルスターリングに牡馬のサトノアレス。来年のクラシック戦線は、東の名伯楽が擁する2頭を中心に回っていく。



posted by 競馬王 at 13:53 | TrackBack(0) | 競馬関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月16日

【有馬記念】キタサンブラック好調キープ

 栗東CWで併走先着を決めたキタサンブラック

キタサンブラックが制覇したG1レース動画集



有馬記念・G1」(25日、中山)

 

ファン投票1位のキタサンブラックは14日、栗東CWで併せ馬を行った。マイネルレオーネ(4歳500万下)を0秒4追走し、直線では内に潜り込み半馬身先着。6F86秒3-40秒6-12秒2をマークした。
 


「時計のかかる馬場で時計は目立たなかったが、しまいだけきっちり追ってみた。体を見てもムチムチだし、毛ヅヤもいい。前走の状態をキープしていると思う。大丈夫」と清水久師。ジャパンC制覇後も好調を維持している。


3歳の昨年は4番人気で3着。悔しさを味わったが、今年は天皇賞・春ジャパンCとG1を2勝。ひと回り成長しての参戦だ。


「前走を勝ってマークは厳しくなるだろうが、仕方がないこと。本来はハナにこだわらないタイプだし、どんな競馬でもできるのはこの馬の強み」と指揮官は胸を張った。


posted by 競馬王 at 00:02 | TrackBack(0) | 競馬関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月12日

モーリス香港C優勝

D309F2F7-4C79-4FF7-BA42-7322378D4D8D.jpg


 

現地時間11日、香港・シャティン競馬場で行われた香港C(3歳上・GI・芝2000m・1着賞金1425万香港ドル)に、日本のモーリス(牡5、美浦・堀宣行厩舎、R.ムーア騎手)、エイシンヒカリ(牡5、栗東・坂口正則厩舎武豊騎手)、


ラブリーデイ(牡6、栗東・池江泰寿厩舎、H.ボウマン騎手)、ステファノス(牡5、栗東・藤原英昭厩舎、C.スミヨン騎手)、クイーンズリング(牝4、栗東・吉村圭司厩舎、M.デムーロ騎手)が出走。


レースは、エイシンヒカリが先手を取って後続とのリードを広げていく展開に。 


モーリスはスタート一息で後方から、ステファノスラブリーデイは3・4番手、クイーンズリングは中団につけた。直線に向くと、モーリスが内の馬群を抜けて一気に先頭に躍り出る。


モーリスはそのまま後続を突き放し、2番手争いを演じるステファノスラブリーデイシークレットウェポン(セ6、香港・C.イプ厩舎)らを尻目にゴール。「スーパースター!」と場内のアナウンスも響く圧勝劇で、有終の美を飾った。GIはこれで6勝目。


2着はシークレットウェポン、3着はステファノスとなった。ラブリーデイは4着、クイーンズリングは9着、エイシンヒカリは直線で失速して10着だった。

【日本馬プロフィール】
モーリス(牡5)
騎手:R.ムーア
厩舎:美浦・堀宣行
父:スクリーンヒーロー
母:メジロフランシス
母父:カーネギー
馬主:吉田和美
生産者:戸川牧場
通算成績:18戦11勝(重賞7勝)
主な勝ち鞍:2016年天皇賞・秋(GI)

エイシンヒカリ(牡5)
騎手:武豊
厩舎:栗東・坂口正則
父:ディープインパクト
母:キャタリナ
母父:Storm Cat
馬主:栄進堂
生産者:木田牧場
通算成績:15戦10勝(重賞4勝)
主な勝ち鞍:2015年香港C(GI)

ラブリーデイ(牡6)
騎手:H.ボウマン
厩舎:栗東・池江泰寿
父:キングカメハメハ
母:ポップコーンジャズ
母父:ダンスインザダーク
馬主:金子真人ホールディングス
生産者:ノーザンファーム
通算成績:33戦9勝(重賞6勝)
主な勝ち鞍:2015年宝塚記念(GI)

ステファノス(牡5)
騎手:C.スミヨン
厩舎:栗東・藤原英昭
父:ディープインパクト
母:ココシュニック
母父:クロフネ
馬主:キャロットファーム
生産者:ノーザンファーム
通算成績:20戦4勝(重賞1勝)
主な勝ち鞍:2014年富士S(GIII)

クイーンズリング(牝4)
騎手:M.デムーロ
厩舎:栗東・吉村圭司
父:マンハッタンカフェ
母:アクアリング
母父:Anabaa
馬主:吉田千津
生産者:社台ファーム
通算成績:14戦6勝(重賞4勝)
主な勝ち鞍:2016年エリザベス女王杯(GI)


posted by 競馬王 at 03:09 | TrackBack(0) | 競馬関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月08日

調教師試験に合格の武幸四郎

C915439D-34EC-42BC-BFE0-8F2212929E2E.jpg

JRAは8日、17年度新規調教師合格者を発表。メイショウマンボで13年オークスを制すなど、G1・6勝を挙げる武幸四郎騎手(38)=栗東・フリー=が合格した。


元騎手、元調教師の“名人”武邦彦の四男、“天才”武豊の弟として注目され、97年3月1日に騎手デビュー。初勝利がデビュー翌日のマイラーズCオースミタイクーン)で、JRA史上最短記録となるデビュー2日目での最年少重賞制覇を成し遂げた。


同年に37勝を挙げてJRA賞最多勝利新人騎手を受賞。00年にはティコティコタック秋華賞を勝ち、G1初制覇を決めている。


JRA通算687勝(G1・6勝を含む重賞28勝)。今年、8月12日に父・武邦彦さんが死去。2代目トレーナーとして父の遺志を継ぐことになる。



posted by 競馬王 at 10:58 | TrackBack(0) | 競馬関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月03日

コパノリッキー 王者復活 チャンピオンC

3707B0CA-EAC8-4A2B-B7B2-7BAD28CA8268.jpg

 「チャンピオンズC・G1」(中京、4日)

胸に刻まれた屈辱を晴らす時がやってきた。ジャパンCダートがチャンピオンズCと名称変更されてから過去2年、ともに1番人気に指名されたのがコパノリッキーだった。


しかし、結果は無残にも12、7着と、上位争いにも参加できなかった。今年こそは-。戴冠への思いは、どの馬よりも強いに違いない。


「体調はキャリアを重ねて安定していますし、過去2年と変わらない状態で挑めると思います。


何とか欲しいタイトルですからね」と村山師は言葉に力を込める。本番2日前となる2日朝は栗東坂路を1本(4F65秒5-47秒7-15秒4)。


ビルドアップされた筋肉を見れば、大目標のレースに向け、抜かりなく仕上がっていることが分かる。


悲願のタイトル奪取を後押しするのが枠順だ。

「いい枠が当たりました。ポジションにこだわらず、スムーズに相手を見ながら行ける」と指揮官は真ん中より外めの6枠11番を歓迎した。流れに応じて立ち回れる理想的な枠番は、陣営に勇気を与えている。


いざ、通算9度目のG1制覇へ。過去2度の悪夢を払拭(ふっしょく)して、リッキーが王者復活を果たす。



posted by 競馬王 at 12:29 | TrackBack(0) | 競馬関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク
人気記事
    最近の記事