2017年02月14日

マカヒキ 京都記念3着

CCD7B253-E8B3-478C-A656-DC5F65A61593.jpg

京都記念・G2」(12日、京都)

大歓声が悲鳴に変わった。単勝1.7倍の1番人気に支持されたマカヒキは、直線伸びあぐねて3着に敗退。昨年のダービー馬は帰国初戦を白星で飾ることができなかった。



道中は中団を追走し、ラスト600メートルでムーアが「いけるかと思った」と振り返るほど手応えは残っていた。だが、思いのほか反応できず、最後は上位2頭と脚色が一緒に。


それでも初コンビの鞍上は「きょうはペースが速過ぎたことと、馬場が緩んでいた分。それに久々もあったかな。でも、次は変わってくるはず」と走りを評価した。



戦況を見守った友道師も「次を見据えて必要な一戦だった。悲観?全然」とサバサバ。今後は栗東に在厩し、新設G1の大阪杯を目指して調整。ルメールとの再コンビで本領を発揮する。





posted by 競馬王 at 12:54 | TrackBack(0) | 競馬関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク
人気記事
    最近の記事