2018年05月06日

トリオンフが3.0倍で1番人気/新潟大賞典前日オッズ

33F9951D-9FC2-4D59-A8A7-934513E20A99.jpg

 6日に新潟競馬場で行われる、第40回新潟大賞典(4歳上・GIII・芝2000m)の前日オッズがJRAより発表された。

 単勝オッズ1番人気には、小倉大賞典の勝ち馬トリオンフ(セ4、栗東・須貝尚介厩舎、3.0倍)が支持された。各馬の単勝オッズは以下の通り。

 左から馬番、馬名、オッズ

10 トリオンフ 3.0
13 ステファノス 6.3
12 マイスタイル 6.3
08 ハクサンルドルフ 7.1
01 スズカデヴィアス 10.0
07 カレンラストショー 13.5
05 トーセンマタコイヤ 17.4
14 ステイインシアトル 19.0
09 ナイトオブナイツ 21.0
11 ハッピーユニバンス 26.5
02 ナスノセイカン 44.6
16 アウトライアーズ 55.6
15 ロッカフラベイビー 56.8
06 ラインルーフ 67.9
03 ケントオー 70.3
04 シャイニープリンス 113.8

※出馬表・成績・オッズ等は主催者発表のものと照合してください。



posted by 競馬王 at 01:17 | 東京 ☀ | Comment(0) | 競馬関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月04日

牝馬クレイジーアクセルが逃げ切りV/東京湾C・船橋

5A26F6EE-4746-4C56-B284-729EA1ADA3F2.jpg

3日、船橋競馬場で行われた第32回東京湾C(3歳・ダ1700m・1着賞金1500万円)は、先手を取った御神本訓史騎手騎乗の2番人気クレイジーアクセル(牝3、大井・渡辺和雄厩舎)が、直線で二の脚を使って後続を振り切り、2着の4番人気ユニバーサルライト(牡3、船橋・佐藤裕太厩舎)に1.1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分50秒7(稍重)。

さらにクビ差の3着に11番人気フレアリングダイヤ(牡3、大井・市村誠厩舎)が入った。なお、1番人気デイジーカーニバル(牡3、船橋・佐藤賢二厩舎)は直線で一旦クレイジーアクセルに並びかけるも4着に、3番人気スプリングマン(牡3、浦和・小久保智厩舎)は8着に終わった。

勝ったクレイジーアクセルは、父ロージズインメイ母ベアフルートその父サクラバクシンオーという血統で、これが重賞初制覇。また、本馬及び2着のユニバーサルライト東京ダービーの優先出走権を獲得した。


posted by 競馬王 at 01:45 | 東京 ☀ | Comment(0) | 競馬関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月02日

天皇賞馬レインボーライン、引き続き経過観察中


4月29日(祝・日)の天皇賞(春)で右前肢跛行を発症したレインボーライン(牡5、栗東・浅見秀一厩舎)のレース後の状況について、浅見秀一調教師が以下の通りコメントを発表した。なおレインボーラインは、引き続き経過観察中とのこと。

「一生懸命走って1着でゴールしましたが、結果的に記念写真を一緒に撮ることができませんでした。また騎手が乗って走れるように力を合わせてケアをしていきたいと思います」

(JRA発表)


posted by 競馬王 at 17:44 | 東京 ☀ | Comment(0) | 競馬関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月01日

クラックスマンが始動戦を4馬身差完勝 4連勝でG1・2勝目

29日にフランスのパリ・ロンシャン競馬場で行われたガネー賞(G1・芝2100m)は、2番手でレースを進めたL.デットーリ騎手騎乗のクラックスマン(牡4、英・J.ゴスデン厩舎)が、ラスト200mで逃げ粘るレンズデイを交わし、4馬身差で快勝した。良馬場で勝ちタイムは2:09.44。


2着は逃げたレンズデイ(牡4、仏・A.ファーブル厩舎)、3着はドバイシーマクラシック3着から臨んだクロスオブスターズ(牡5、仏・A.ファーブル厩舎)。


クラックスマンは父Frankel母Rhadegundaその父Pivotalという血統。昨年の欧州最優秀3歳牡馬で、昨年の欧州年度代表馬エネイブルの僚馬。昨年10月の英チャンピオンS(G1・芝2000m)での7馬身差独走以来の復帰戦を完勝し、G1・2勝目を挙げた。通算成績は8戦6勝。


posted by 競馬王 at 17:31 | 東京 ☀ | Comment(0) | レース情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【天皇賞】クリンチャー3着 凱旋門GOサイン 折り合い重視で収穫あった!



6F434D8F-B209-47E1-99B2-4D77F6252446.jpg

 「天皇賞(春)・G1」(29日、京都)

 
G1初制覇を目指したクリンチャーは3着だった。道中7番手で折り合いに専念。直線外から懸命に末脚を伸ばしたが、頂点には届かなかった。

 
初コンビとなった三浦は「思った通りのポジションを取れなかったけど、その分、リズムを守ってリラックスして乗れました。3、4コーナーで前に馬を置いて潜り込ませることもできましたが…」とガックリ。武豊の騎乗停止で、急きょ巡ってきたチャンスを生かせなかった。



それでも収穫はあった。宮本師は「今回は折り合い重視でしたからね。悔しいですが、満足な乗り方をしてくれました」とうなずいた。レース直後に、今秋のフランス遠征が正式決定した。宝塚記念はパスして、武豊を背にパリロンシャン競馬場で行われるフォワ賞・仏G2(9月16日)から凱旋門賞・仏G1(10月7日)へ。盾の悔しさを胸に世界に挑む。




posted by 競馬王 at 02:52 | 東京 ☀ | Comment(0) | 競馬関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月28日

さらばスペシャルウィーク。武豊とともに歩んだスターの道は色褪せず

E7052CCB-FADE-4717-969F-D8A9884AF197.jpg

 27日、武豊騎手とタッグを組み、1998年のダービー(G1)などG1競走4勝をあげた名馬スペシャルウィークが、この世から去ったとJRAが発表した。

 現役時代に17戦10勝。主戦の武豊騎手は、同馬で初めて日本ダービーを制覇。この勝利で見事に「8大競走」完全制覇を達成している。

 2000年から種牡馬入りしており、主な産駒は、2005年のJRA賞最優秀3歳牝馬を受賞したシーザリオ、09年桜花賞&優駿牝馬、11年ジャパンCなどG1で6勝をあげたブエナビスタ、デビューから149日でG1(菊花賞)を制したトーホウジャッカルなど多数に及んだ。

 だが、昨年2月からはその長きにわたった種牡馬生活にも別れを告げ、生産者の日高大洋牧場で余生を過ごしていた。

 繋養先だった牧場の代表取締役である小野田宏氏はJRAのHPで、スペシャルウィークが23日の放牧中に転倒し、「左腰を強く打った」ため、その後は馬房内で経過観察をしていたと発表。だが、本日馬房内で転倒しているところをスタッフが発見。その後「午後4時40分頃に死亡いたしました」という。また武豊騎手も「素晴らしい馬でした。たくさんの思い出があり、一生忘れられない馬です」とコメントを寄せた。

 記録にも記憶にも残った名馬・スペシャルウィーク。冥福を祈りたい。

スペシャルウィーク 天才騎手との伝説




posted by 競馬王 at 23:48 | Comment(0) | 競馬関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

単勝398.3倍のヤマニンリュシオルが東京1Rで勝利、3連単は1000万馬券に

B6AC83C5-9BED-43ED-B80B-5148995D020B.png
28日、東京1Rの3歳未勝利戦(ダート1600m・牝馬限定・16頭)は、伊藤工真騎手騎乗のヤマニンリュシオル(牝3、美浦・蛯名利弘厩舎)がゴール前での叩き合いを制した。勝ちタイムは1分40秒3(稍重)。

 
ヤマニンリュシオルは単勝398.3倍の16番人気。2着には2番人気シネマソングス、3着には7番人気ジャンティエスが入り、3連単は1002万8900円の高額配当となった。

 
ヤマニンリュシオルの血統は父キャプテントゥーレ母ヤマニンマドレーヌ(その父トウカイテイオー)。伯母に2003年の阪神ジュベナイルFを勝ったヤマニンシュクルがいる。デビュー戦となった前走の3歳未勝利戦(福島ダート1700m)は勝ち馬から3秒1差の12着に敗れていたが、2戦目の今回で一変の激走を見せた。



また、伊藤工真騎手の“単勝3万馬券”は、単勝397.4倍のヤマニンウイスカーで勝った2012年のキャピタルS以来。“ヤマニン×伊藤工真”のコンビが、6年ぶりに大波乱を巻き起こした。










posted by 競馬王 at 15:42 | Comment(0) | 競馬関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月27日

シュヴァルグランは6枠11番、ガンコは3枠6番/天皇賞・春枠順

39699B9E-18C1-4A90-9C78-C9B5A5EBCBC6.jpg


29日に京都競馬場で行われる、第157回天皇賞・春(4歳上・GI・芝3200m・1着賞金1億5000万円)の枠順が26日確定した。


出走馬中唯一のGI馬で昨年の2着馬シュヴァルグラン(牡6、栗東・友道康夫厩舎)は6枠11番からのスタートとなった。


また、日経賞を勝利してここに臨むガンコ(牡5、栗東・松元茂樹厩舎)は3枠6番、阪神大賞典を快勝したレインボーライン(牡5、栗東・浅見秀一厩舎)は6枠12番に入った。



その他、三浦皇成騎手との新コンビで出走するクリンチャー(牡4、栗東・宮本博厩舎)は4枠8番、阪神大賞典2着のサトノクロニクル(牡4、栗東・池江泰寿厩舎)は5枠10番、長距離重賞を4勝のアルバート(牡7、美浦・堀宣行厩舎)は7枠14番となっている。発走は15時40分。

 ( )内は性齢、騎手・調教師

1-1 ミッキーロケット(牡5、和田竜二音無秀孝)
1-2 チェスナットコート(牡4、蛯名正義矢作芳人)
2-3 シホウ(牡7、浜中俊笹田和秀)
2-4 カレンミロティック(セ10、池添謙一平田修)
3-5 ヤマカツライデン(牡6、松山弘平池添兼雄)
3-6 ガンコ(牡5、藤岡佑介松元茂樹)
4-7 ピンポン(牡8、宮崎北斗粕谷昌央)
4-8 クリンチャー(牡4、三浦皇成宮本博)
5-9 ソールインパクト(牡6、福永祐一戸田博文)
5-10 サトノクロニクル(牡4、川田将雅池江泰寿)
6-11 シュヴァルグラン(牡6、H.ボウマン・友道康夫)
6-12 レインボーライン(牡5、岩田康誠浅見秀一)
7-13 トウシンモンステラ(牡8、国分恭介村山明)
7-14 アルバート(牡7、C.ルメール・堀宣行)
8-15 トーセンバジル(牡6、M.デムーロ・藤原英昭)
8-16 スマートレイアー(牝8、四位洋文大久保龍志)
8-17 トミケンスラーヴァ(牡8、秋山真一郎竹内正洋)

※出馬表・成績・オッズ等は主催者発表のものと照合してください。




posted by 競馬王 at 09:46 | Comment(0) | 競馬関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月25日

別ルート「日経賞」経て万全仕上げ トーセンバジル「藤原師&Mデムーロ」最強タッグ/トレセン発秘話 東京スポーツ

DE2BDDDD-90C9-4128-B71B-DC69648BF296.jpg

「トレセン発(秘)話」の火曜担当・高岡功記者は、ある疑問を持った。


「長距離決戦を制するにベストの選択は、前哨戦もまた長距離を使う」で本当にいいのか? 第157回天皇賞・春(29日=京都芝外3200メートル)の“最大勢力”阪神大賞典組に懐疑的な、このテーマに対する渾身取材の成果は、さにあらず。


阪神大賞典組にターゲットを絞れば…。文句なしの「最強タッグ」に支えられた、あの馬が一気に浮上する――。

 
過去2年はともに阪神大賞典を叩いて天皇賞・春に出走していたシュヴァルグランが、今年は大阪杯(13着)からという“別ルート”をチョイスした。一昨年は0秒2差3着、昨年も0秒2差2着と、本番で相応の結果を出していたにもかかわらず…。その理由を友道調教師は「(阪神)大賞典から臨んだ2年がともに好走したとはいえ、勝てなかったから…。


やっぱり3000メートルという長い距離を使った後というのは厳しいものがあるんだよね」と説明した。

 
過去10年の阪神大賞典の勝ち馬で、本番も制したのは2008年アドマイヤジュピタ、15年ゴールドシップの2頭だけ。距離が本番に最も近い前哨戦としては物足りない結果だ。確かに友道調教師の言う通り、3000メートルを走った後というのは馬の疲労もそれだけ大きいと考えるのが正解なのか…。 


「仮にスローのヨーイドンといった長丁場にありがちな競馬になったとしても、やっぱり長距離を走るということ自体が馬にとっては相当こたえる。ウチのキュウ舎の馬を例にとっても、短距離より長距離を走った馬の方がその後、脚元に不安が出る確率は高いんだよな」

 
発言の主は12年の天皇賞・春ビートブラックで制した中村調教師だ。



「人間に例えたら分かりやすいんじゃないか。普通、トップのマラソンランナーが一年に走る大会の数はせいぜい1、2回ぐらいで、100メートルに出る選手に比べたら当然、少ない。



それだけ疲労がなかなか抜けないってことなんだ。中5日の強行出場が話題になったマラソンの川内(優輝)みたいな選手は、あくまで例外中の例外だよ」

 
実を言うと、天皇賞・春の勝ち馬が次走も連勝したというケースが、過去10年では一度としてない事実も、「長距離レースが競走馬に大きな負担をかける」という仮説を裏付ける間接証拠ともなっている。

 
ならば今年の“マラソン頂上決戦”は疲れの残っていないであろう「非阪神大賞典組」からピックアップする手か。

 
もちろん、一昨年1着、昨年2着と好走した阪神大賞典をあえて使わなかった冒頭のシュヴァルグラン大阪杯からの一変も怖いのだが、坂路野郎がより魅せられているのはトーセンバジルだ。

  
この馬も、昨年は阪神大賞典(3着)から本番(8着)に向かったが、今年は日経賞(5着)に切り替えたクチ。しかも「前走は(発表上は良馬場でも)馬場が悪過ぎて、まったく走っていない。レース後はすぐに息が入ったくらいだからね」(藤原英調教師)と言うのだから、疲労は皆無だろう。

 
そもそも今年、リーディングトレーナー部門でぶっちぎりの快進撃を続ける藤原英調教師が「天皇賞が100%の勝負や」とメイチ駆けをにおわせていたように、前哨戦はいわば“捨てレース”。ここに全力を注いできていることは明らかだ。

  
そして、コンビを組むのもまた、リーディングジョッキー部門で首位を走るミルコ・デムーロ。勝てば史上3人目の8大競走完全制覇に王手がかかるのだから、こちらもやる気満々なのは言うまでもない。


今年の春の盾は、藤原英調教師×M・デムーロという今、最強の2人が手を組んだトーセンバジルの走りに注目している。



posted by 競馬王 at 23:41 | Comment(0) | 競馬関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【天皇賞(春)】チェスナットコートG1初挑戦Vだ 勢力図塗り替える

F519611B-1BAF-434A-B982-84D644F8044F.jpg

天皇賞(春)・G1」(29日、京都)

一気に頂点へ。成長急な4歳馬チェスナットコートが、G1初挑戦で重賞初制覇の偉業に挑む。今季は条件戦を連勝すると、重賞初挑戦となった日経賞でも2着に好走。


目下の充実ぶりは目を見張るものがある。鞍上は、春盾で3勝を挙げている名手・蛯名。ベテランの手綱に導かれ、古馬中長距離路線の勢力図を塗り替える。


キタサンブラックがターフを去り、混戦模様を呈する春の盾。今季の活躍が目覚ましい4歳世代にも、勢力図を塗り替えるチャンスは十分ある。


なかでも注目はチェスナットコート。17年5月21日の初勝利まで6戦、期間にして半年もの時間を要したが、そこから急成長。わずか1年足らずでG1の舞台まで上り詰めた。 


この類い希な伸びしろを武器に、一気に頂点を狙う。Vなら、重賞未勝利馬の春盾制覇は12年ビートブラック以来6年ぶり。初勝利から1年未満でのVは、03年ヒシミラクル以来の快挙だ。

 
ハーツクライ産駒は春盾で勝ち星を挙げていないが、14年から4年連続で2着と、高い長距離適性を示している。


同馬も「距離を延ばしてから一戦ごとに力をつけてきた」と安藤助手が話すように、徐々に血統の良さが出てきた。スタミナは豊富。さらなる距離延長は望むところだ。

 
重賞初挑戦となった前走の日経賞で2着。安藤助手は「展開が向いたとはいえ、よく追い上げた。最後は切れ負けしたけど、止まってはいないし、長くいい脚を使っている」と内容を高く評価する。

しかも「中山は合わないと思っていた」と振り返るように、本質的に小回りコースは不向きなタイプ。広い京都なら、さらに持ち味を生かせそうだ。

 
前走から中4週。肝心の状態面も「先週は馬なりでほぼ同入。坂路はあまり動かないけど、少しずつ良くなっているようですね」と仕上げ人は脚力強化を感じている。大阪杯を制した同期スワーヴリチャードに負けじと、活気づく4歳馬が淀で躍動する。







posted by 競馬王 at 13:16 | Comment(0) | 競馬関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


人気記事
    RSS取得